面白い!麻雀一局戦

 ARゲーム「ドラゴンクエストウォーク」の中にカジノがオープン。スロットと麻雀ができる。 初めは東風戦を試してみたが、専用のアプリと比べると、牌も見にくいし、使い勝手が悪い。東風戦が終わるのに15ー30分かかるので、ちょっとねーという感じ...

» Continue reading

| | | Comments (0)

映画「遠吠え」

 14日夜、吉祥寺パルコ地下2階の「アップリンク吉祥寺」で、映画「遠吠え」を観た。終映後、監督、プロデューサーらのトークショーがあった。クラウドファンディングで製作費を集めるなどの苦労話もあったが、そんな苦労も吹っ飛ぶような出来ばえに、皆、...

» Continue reading

| | | Comments (0)

武蔵野大学で「古稀式」、70歳を祝うとともに、高齢期の人生を豊かにするための知識を学ぶ

 武蔵野大学武蔵野キャンパス(東京都西東京市新町)で、9月11日午後、70歳を祝う「古稀式」と、70歳以降の人生を豊かにする「学び」を組み合わせたユニークな試みが行われた。  主催は武蔵野大学しあわせ研究所。三井住友信託銀行と一般社団法人...

» Continue reading

| | | Comments (0)

残り4枚でリーチ、一発ハイテイラツモ、四暗刻で奇跡の大逆転

 大負けしていたが、高い手を狙い、成就した。  天鳳の牌譜のダウンロードがうまくいかなかったので、スクリーンショットで奇跡の展開をご紹介。  こんな配牌だったが、暗刻を作り、  残り4枚でテンパイ。リーチはかけなくてもいいのだが、振り込み...

» Continue reading

| | | Comments (0)

映画「パレードへようこそ」

 映画「パレードにようこそ」を観た。  2014年イギリス映画。  長期ストを続ける炭鉱労働者をゲイやレスビアンらの団体が、周りの偏見に打ち勝ちながら支援するというストーリー。  サッチャー政権下での実話に基づく映画だ。  世の中で弱者が...

» Continue reading

| | | Comments (0)

映画「1987.ある闘いの真実」

 映画「1987、ある闘いの真実」を観た。  2017年韓国映画。  1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長は北分子を徹底的に排除するべく、取り調べを日ごとに激化させていた。そんな中、行き過ぎた取り調べに...

» Continue reading

| | | Comments (0)

映画「未来を花束にして」

「未来を花束にして」を観た。  2017年のイギリス映画。  タイトルの明るいイメージとは異なり、女性が参政権や親権を得るために、時に暴力も用いて、運動しなければならなかった暗い時代を描く。  男女平等は、日本ではいまだ道半ばだが、投票す...

» Continue reading

| | | Comments (0)

映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」

 映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」を観た。 マイケル・ムーアがヨーロッパなどを訪ね(侵略し)、最高のアイデアをゲットするというコメディタッチの映画だ。  かつては世界の中でも模範となっていた自由で先進的な試みをしていたアメリカだ...

» Continue reading

| | | Comments (0)

映画「家族を想うとき」

 映画「家族を想うとき」を観た。  公式ホームページによるとーー。  2016年カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝き、日本でも大ヒットを記録した『わたしは、ダニエル・ブレイク』。この傑作を最後に、一度は表舞台から降りたケン・ローチ監督。だ...

» Continue reading

| | | Comments (0)

映画「海よりもまだ深く」

 是枝裕和監督の映画「海よりもまだ深く」を観た。   公式サイトのintroductionによるとこの映画は「〝なりたかった大人〟になれなかった大人たちの物語」とのことだ。  台風の夜に、樹木希林扮する主人公(阿部寛)の母の家に泊まること...

» Continue reading

| | | Comments (0)

映画「三度目の殺人」

 是枝裕和監督作品をまた、観た。「三度目の殺人」。一度殺人を犯した男が二度目の殺人を犯す。生きる価値のない男と自らを評していた男は、「三度目の殺人」が遂行される過程で、生きる意味を見出す。 是枝監督の家族の映画のように、観終わった後、心は温...

» Continue reading

| | | Comments (0)

是枝裕和監督の3作品を観るーー万引き家族、そして父になる、海街diary

  映画「ベイビー・ブローカー」が良かったので、是枝裕和監督の3作品を続けて観た。  どの作品も観終わったときに、心が温かくなる。いろいろな家族を描くが、描かれた家族はフツーではない。しかし、登場する家族のセリフや感情表現などは...

» Continue reading

| | | Comments (0)

映画「ベイビー・ブローカー」

 是枝裕和監督の「ベイビー・ブローカー」を観た。 この映画をすごく観たいと思ったのは6月29日のNHKクローズアップ現代で、是枝監督のインタビューを聞いたのがきっかけだ。 「ベイビー・ブローカー」は、監督以外、ほぼ韓国人の俳優とスタッフで...

» Continue reading

| | | Comments (0)

映画「PLAN75」

 75歳以上の高齢者に自らの”最期”を選ぶ権利を認め、支援するシステム「PLAN75」。超高齢化が進み、若者に重い負担がかかる社会。「社会に迷惑をかけたくない」と言って、PLAN 75による死を選ぶ人のインタビュービデオが流れる。なんともや...

» Continue reading

| | | Comments (0)

起死回生のツモ、大逆転

 それまでの勢いからしてもラスは必至、と思われたが、高い手を作っていって、親の倍満、逆転。  牌譜はこちら。...

» Continue reading

| | | Comments (0)

二人を飛ばし、3万点差を逆転

    ミラクル。   しかもフリテンリーチという情けない手で。  牌譜はこちら。  ...

» Continue reading

| | | Comments (0)

30年ぶりに六平直政さんが出演した新宿梁山泊「下谷万年町物語」を観る

   6月19日夜、東京・新宿の花園神社境内の特設紫テントで演じられた新宿梁山泊の「下谷万年町物語」を観た。  新宿梁山泊の創設に関わり、看板役者であるとともに代表の金守珍(キム・スジン)さんの右腕であった六平直政(むさか・なおまさ)さ...

» Continue reading

| | | Comments (0)

映画「ひまわり」

 映画「ひまわり」Amazon Prime Videoで見た。  50周年HDレストア版が完成して、きれいな映像で見られるようになったらしい。そのホームページによるとーー。  日本人が愛した、映画史に残る永遠の名作。最新のデジタル技術で修...

» Continue reading

| | | Comments (0)

小四喜

 今日は流れが悪く、やめようかと思ったが、気持ちよくやめたいと思い、もう一度臨んだら、役満。 大四喜も狙えたが、聴牌を優先した。  牌譜はこちら。...

» Continue reading

| | | Comments (0)

伝統文化と和みの広場「五月の風に吹かれてアルパの演奏で午後のひと時を」開催

 昨年12月、「 雅楽と舞の会」で楽しませてくれた特定非営利法人 伝統文化と和みの広場が、パラグアイのハープ「アルパ」の奏者、浜根未稀さんとそのお弟子さん(ミキさん)による演奏会を開催した。題して「五月の風に吹かれてアルパの演奏で午後のひと...

» Continue reading

| | | Comments (0)

速攻、国士無双!ら

 どちらかと言うと、チートイツの配牌だが、国士に挑戦。配牌がよく、聴牌してすぐに当たり牌が飛び出した。 牌譜はこちら。  ...

» Continue reading

| | | Comments (0)

天鳳で、3段に。

天鳳で800ポイントに達し、3段へ。 2段になって1年もかかった。 3段の人がいると、ほとんど勝てなかったが、その3段。 今度は600ポイントから1200ポイントまでいく必要がある。 上には上がいて8段の人もいる。上に行って、緊張の対局を...

» Continue reading

| | | Comments (0)

AZLM CONNECTED CAFE(東京・渋谷)

 渋谷のハチ公近くの渋谷地下街に、ショールームのような喫茶スペースを見つけた。 AZLM CONNECTED CAFE(東京都渋谷区道玄坂2-2-1)だ。 充電もでき、飲み物は全て99円。タピオカ黒糖ミルク、ハニーバナナジュースなど、なかな...

» Continue reading

| | | Comments (0)

久々の国士無双

 天鳳で、本当に久しぶりの役満。  字牌がすべて揃っている理想の配牌。    牌譜はこちら。...

» Continue reading

| | | Comments (0)

映画「つむぐもの」

 犬童一利監督の映画「つむぐもの」を観た。 韓国人女性のユナがワーキングホリデーで、日本の和紙職人の工房を訪れるが、職人は脳の病気で手が不自由になり、要介護状態に。結果的に彼女はヘルパーの役割をせざるを得なくなる。 介護施設にも所属して職人...

» Continue reading

| | | Comments (0)

地球温暖化問題は小手先の対応では防げないーー斎藤幸平著『人新世の「資本論」』(集英社新書)

 斎藤幸平著『人新世の「資本論」』(集英社新書、2020年9月発行)を遅まきながら読んだ。 「おわりに」から紹介する。  「マルクス主義で脱成長なんて正気か−−。そういう批判の矢が四方八方から飛んでくることを覚悟のうえで、本書の執筆は始ま...

» Continue reading

| | | Comments (0)

北岡伸一著『世界地図を読み直す––協力と均衡の地政学』(新潮選書)

 ロシアのウクライナ侵攻で、先進国の日常があまりにもあっけなく崩れるということを見せつけられた。ロシアとウクライナは、民族的にも地理的にも近いがゆえの紛争かもしれず、近い将来、日本もこうした紛争に巻き込まれないとも限らないーーと考えること...

» Continue reading

| | | Comments (0)

NARUTO -ナルト- 疾風伝+THE LAST -NARUTO THE MOVIE-

   Netflixで「NARUTO -ナルト- 疾風伝」(風影奪還編〜外伝編、221話〜720話)を全て見た。大人気アニメを何年も遅れて見ての感想。ピント外れではないの?とも言われそうだが、現代忍者漫画の不朽の名作だけに、どうしても感想...

» Continue reading

| | | Comments (0)

松本すみ子さんの死を悼む

 シニアライフアドバイザーの松本すみ子さんが、今月3日、亡くなった。最近は、東京セカンドキャリア塾アクティブシニアコースの講師をされており、ゼミ生である土屋和子さんに、昨日、松本さんが亡くなられたことを聞いた。  心臓発作で救急車を呼んでい...

» Continue reading

| | | Comments (0)

これを読んで俳句を始めたくなった夏井 いつき著「夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業 (Japanese Edition) 」(Kindle 版)

     夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業 (JapaneseEdition) 」(Kindle 版)を読んだ。  正確に言うとAudibleでこの本のコンテンツを「聴いた」。本は買っていたのだが、なかなか読む時間を作れなかった。...

» Continue reading

| | | Comments (0)

よしながふみ著『大奥』(白泉社)

 よしながふみ著『大奥』(白泉社)の全19巻を読み終えた。赤面疱瘡という伝染病に若い男子が感染。男性が極端に少なくなり、将軍も三代将軍家光の時代から女性が務めざるを得なくなるというストーリー。第1巻の初版発行が2005年10月4日。第19巻...

» Continue reading

| | | Comments (0)

ロイヤルガーデンカフェ青山(外苑前)

ロイヤルガーデンカフェ青山(東京都港区北青山 2-1-19、03・5414・6170)に来た。この店ができたのは2008年のようなのだが、建物は、1990年代、日経トレンディの撮影で利用したことがある。外苑前の並木道が綺麗な場所で...

» Continue reading

| | | Comments (0)

久しぶりのゴルフ打ち放題練習

ファーストゴルフ(東京都練馬区早宮2丁目)で、久しぶりにゴルフ打ち放題練習。シャンク病にとりつかれた上にコロナウイルスの蔓延で、すっかりゴルフから離れていたが、昨年は何度かラウンドした。高校同期のゴルフコンペには春と秋の2回、参加したが、ど...

» Continue reading

| | | Comments (0)

Kindle Unlimitedを活用⑵洋書を読む。サンプルだけでも勉強には十分

 Kindle Unlimitedに洋書をダウンロードして読んでみよう。  ハリー・ポッター。 Kindleの機能で、翻訳やーー。  辞書が利用できる。  Kindle Unlimitedに、好きなタイトルがない場合も多い。そ...

» Continue reading

| | | Comments (0)

Kindle Unlimitedを活用⑴すごい!ENGLISH JOUNALが読み放題。リスニングもできる!

 月額980円のKindle Unlimited。200万冊以上が読み放題。例えば、ネットメディアの活用法などの本は結構、充実しており、便利に使っている。英語の勉強に使えないだろうかと調べたところ、十分使える!   なんとENGLISH J...

» Continue reading

| | | Comments (0)

Making vegetables is really fun

On Saturdays and Sundays other than February, I grow vegetables at the nearby Tagara Suzushiro Farm. Vegetables that can...

» Continue reading

| | | Comments (0)

カムカムエヴリバディに触発された

 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」を見ていたら、急に英語をしゃべりたくなってきた。当時の「ラジオ英語講座」に負けない英語を学ぶツールは、ネット時代になって、たくさん身近にある。  TOEICとか英検1級を目指すのではなく、単に外...

» Continue reading

| | | Comments (0)

知らなかった雅楽の魅力を堪能〜雅楽と舞の会

 特定非営利活動法人 伝統文化と和みの広場が開いた「雅楽と舞の会」に行った。  11日。14時開演の30分ほど前に三鷹市牟礼の会場に着くと、立礼式の茶席でおもてなしを受けた。久しぶりの茶席、和菓子と抹茶でくつろいだ後、雅楽と舞の会場へ。  ...

» Continue reading

| | | Comments (0)

とうとう高齢者!

 11月20日に65歳になって、30日には41年あまり勤めていた会社を退職。これまで1本道を進んできたが、目の前に10本も20本も道が現れ、戸惑っている。そんなときに、群馬県時代からお付き合いのあるKazuさんと 高校の同窓会活動を10年一...

» Continue reading

| | | Comments (0)

天鳳で、再び2段に。ラスから逆転トップ

3年ぶりのココログへの投稿。 インターネット麻雀の「天鳳」は、半年ログインしないと、IDが取り消されてしまう。知らなかった。 また、新人から始めて、ようやく今日、2段にリーチする試合までいった。ところが東1局から放銃しまくり、一時は4200...

» Continue reading

| | | Comments (0)

やるべきことの「見える化」

やるべきことがたまってきて、収拾できなくなりつつある。 同窓会のホームページの更新。役員がかわったのに、旧役員のままだ。自分自身も副会長になったのに。先輩にインタビューした原稿も、アップしていない。 2年後の100周年記念誌の編集担当な...

» Continue reading

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

産みの苦しみ

2016年11月末に会社を定年退職ーーしたのだが、昨今は再雇用というのがあって、同じ仕事をしているので(正社員から非正規雇用になって労働時間が減り、収入が激減したものの)、見た目はあまり変わらない毎日を送っている。 定年の翌日も仕事を続け...

» Continue reading

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

3倍満に振り込んで持ち点1000点、そこから四暗刻で逆転トップ

 麻雀はドラマだ。諦めなければこんなこともある。 リーチ、タンヤオ、イーペイコウの手でリーチ。 ところが、平和二盃口清一色ドラ1の3倍満に振り込んでしまう。 持ち点1000点。 ここで諦めるわけにはいかない。リーチ! リー...

» Continue reading

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

幸先良し!元旦大三元

 昨年から始めたオンライン対戦麻雀「天鳳」で、初めて役満をあがった。  ずっと楽しんできた東風荘がサービスを終了したため、天鳳を始めた。同じ「フーテンの中」の名前で対戦している。  ただ、牌譜は有料会員でないとダウンロードできないとい...

» Continue reading

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット著『ライフ・シフト〜100年時代の人生戦略』(東洋経済新報社)

 リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット著『ライフ・シフト〜100年時代の人生戦略』(東洋経済新報社、2016年11月3日発行)は、超高齢社会での生き方を戦略的に語った、最初の本かもしれない。日本人がこうした本を書けないのはなぜだろう?...

» Continue reading

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

リンダ・グラットン著『ワーク・シフト』(プレジデント社)

 リンダ・グラットン著『ワーク・シフト』(プレジデント社、2012年8月5日発行)は、ダニエル・ピンク著『フリーエージェント社会の到来』と並ぶ、働き方の未来(本書では2025〜2050年くらいを想定)を指し示してくれる良書だ。  著者...

» Continue reading

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

里山次郎の農業生活<その141>新シーズンスタート、リポートはしばらくお休み

 すずしろ農園での4年目の講習がスタートした。  ふかふかの土。小松菜や大根は肥料不要という。  耕す場所、通路などを区別するため、スケールで測り、割り箸をさす作業をまずした。  今シーズンも農家ならではのノウハウを教...

» Continue reading

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

里山次郎の農業生活<その140>土をさら地に

   今シーズン最後の収穫。  ねぎとカリフラワー。  土地をきれいに。  沢庵も受け取った。  楽しい11カ月だった。...

» Continue reading

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

里山次郎の農業生活<その139>片付けながらの収穫終盤

 片付けながらの収穫終盤。 ...

» Continue reading

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

里山次郎の農業生活<その138>カリフラワー収穫

 生育が遅れていたカリフラワーが、食べられる大きさに育った。   ...

» Continue reading

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

«里山次郎の農業生活<その137>収穫ing