« 織物参考館”紫”(桐生市) | Main | 伊香保温泉・千明仁泉亭 »

第三山本(桐生市、カレー南蛮)

 桐生市本町5丁目の第三山本(0277・44・6755)に行った。知り合いから「ここのカレーうどんはちょっと変わっていておいしい」と聞いていたので楽しみだった。織物工場の女性は忙しいため、うどんの出前を頼むことが多く、桐生にたくさんのうどん店ができたという。織物の歴史を見た後は、かつては第12まであったという「山本」のうどんを楽しむことにした。
 店のご主人は3代目。ただ、カレーうどんを振興している桐生うどん会には入っていないようで、第三山本では単なるメニューのひとつに過ぎなかった。でも、とりあえず、うわさの「カレー南蛮」(600円)を注文した。
 出てきてびっくり。どろっとしている。あんかけ風。片栗粉でどろっとさせている。熱が逃げない感じで、いつまでたっても熱いカレーうどんだった。
 うどんはもちもちした太い手打ちうどん。地元の粉は手に入らず、海外産を使っていると店のご主人は正直だった。
 半分くらいたべると汁が少しやわらかくなって食べやすくなる。
 このうどんは好き好きだろう。個性的なカレーうどんだったが、汁は重くて全部飲めなかった。
 ちょっと片栗粉の量が多い気がする。
 ただ、第三山本は、カレーうどんを特に売り物にしているわけではない。それでこれだけ個性的なものを出すのだから、自慢のメニューを食べてみるべきかもしれない。
 桐生のうどんは3店目だが、カレーうどんで店の個性を出すのは難しく、個性を出そうとすると、ちょっとカレーうどんのジャンルから外れるというジレンマがあるのではないか。カレーうどんを桐生のうどん振興の目玉にするのは良いが、桐生うどんの真価を知るためには、そうした振興策にこだわらず、各店自慢のうどんを食べてみるほうがいいのかもしれない。
x78dvc00048_i.jpg

|

« 織物参考館”紫”(桐生市) | Main | 伊香保温泉・千明仁泉亭 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第三山本(桐生市、カレー南蛮):

« 織物参考館”紫”(桐生市) | Main | 伊香保温泉・千明仁泉亭 »