« 霧積温泉・金湯館その2 | Main | 力もち(玉屋ドライブイン) »

霧積温泉・金湯館その3

 金湯館は家族経営。3代目が佐藤敏行、みどり夫妻。4代目が淳、知美夫妻。現在小学校4年生という雄飛君が3年生のときに粘土で作った「金湯館夕食メニュー」が玄関に飾られていて、ほのぼのとした雰囲気だ。
 宿泊料は大人9500円と1万1000円。部屋を貸してくれる休憩料が1500円。湯につかるだけならば500円。
 料理は2000~3000円。山菜うどん、そばは700円。ざるそば、うどんは600円。ハイキングの時、便利なおにぎりのおべんとうが600円。
 この霧積地区は明治21年の開発以降、長生館、錦楓閣、渓香館などがあり、多数の別荘や商店が開業、大発展をとげたという。地元に「長榮社」という広告会社があり、和文と英文のパンフレットを作って東京でPR活動をしていたという。
 明治20年ごろには勝海舟が皮膚病の湯治で1週間ほど金湯館に滞在した。
 しかし、ご主人の佐藤敏行さんの話では明治43年、20日にわたり雨が降り続いた結果、大水害が起こり、大半の建物が壊れてしまったという。
 かつて栄華を誇ったものの、いまは旅館が2軒しかない秘湯になったというわけだ。 
 写真は明治22年当時の広告。
h92dvc00034_i.jpg

|

« 霧積温泉・金湯館その2 | Main | 力もち(玉屋ドライブイン) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 霧積温泉・金湯館その3:

« 霧積温泉・金湯館その2 | Main | 力もち(玉屋ドライブイン) »