« ブルーノ・タウト資料館(高崎市) | Main | ユーカラ~まるでテーマパーク その2 »

ユーカラ~まるでテーマパーク その1

 午後11時半に開店、午前4時閉店という営業時間、そして「いつも列ができている」という評判。
 「ユーカラ」とはいったいどんな店なのか。
 これはチェックするしかないと思った。が、11時半まで夕食を食べないでいるのはあまりにつらく、これまで店にいくことはなかった。しかし、今日は夕方5時くらいに食事をしたので、チャンス!ついにユーカラに来た。
 0:28am やはり人が並んでいた。実は軽くラーメンでも食べようと思っていたので、やめようかとも思ったが、話のタネに、と並んでみた。
 2階に入り口がある。見えるのは10人くらい。30分も待てば食べられるかな、と思っていた。
 少しずつ行列が動いて、ようやく階段を上がって左に曲がるところまでくると、入り口の前に踊り場があり、6人が座っていた。入り口のドアから見える店内にはさらに6人が座っていた。店の入り口前だけで20人くらいはいたようだ。
 客のほどんどは20代くらいの若い男女、男女のグループ。おっさんはいない。
 店の前にはいろいろ注意書きがある。
 酒酔いの方、入店お断りします。
 当店は深夜営業のため、騒音防止にご協力お願いします。 店主
 おねがい 駐禁看板のある場所へは車を止めない様おねがいします。
 時間も時間です。非常に近所迷惑になりますので御静かに御願いします。 ユーカラ
 なかなか、店主さん、苦労をしているようだ。
 それにしてもなかなか列が前に進まない。ために2人、3人と店から出てくる客はほどんどがレジ袋を持ってでてくる。料理が食べきれないのだろうか。
 店の外から内に入れたのが1:32am。
 全席カウンターで13席。メニューはラーメン500円、みそラーメン550円、辛口みそラーメン600円、みそバターラーメン600円、からあげ定食1000円、肉やさい炒め定食1000円、とり肉とうがらし炒め定食1050円。
 ビールなどはメニューにない。禁酒だ。
 従業員は店主一人。店のユニークさからして、かなりの頑固オヤジがいるかと期待したが、人当たりのよい店主だった。
 店主はダイナミックに中華鍋と玉じゃくしを操る。時折中華鍋の周りから炎が上がる。
 とり肉とうがらし炒め定食が一番人気、二番がからあげ定食。ラーメンを注文する客は一人もいない。
 1:58am ようやく席につく。待ち時間はちょうど1時間半だ。さて何を注文しようか。
pqgdvc00048_i.jpg

|

« ブルーノ・タウト資料館(高崎市) | Main | ユーカラ~まるでテーマパーク その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ユーカラ~まるでテーマパーク その1:

« ブルーノ・タウト資料館(高崎市) | Main | ユーカラ~まるでテーマパーク その2 »