« ユーカラ~まるでテーマパーク その1 | Main | 上毛かるた »

ユーカラ~まるでテーマパーク その2

 ラーメンを食べたいと思って来た。でも1時間半も待った。それで、一番人気の「とり肉とうがらし炒め定食」を食べずに帰っていいものだろうか。
 決断した。
 「とり肉とうがらし炒め定食にラーメン!」
 量が多いですよ。大丈夫ですか、と店主に聞かれたが「1時間半も待ったのでラーメンだけでは・・・」と素直に答え、店主もうなずいた。
 左隣には女性3人と男性1人のグループ。男性は大盛りのご飯とからあげを精力的に食べているが、女性は3人ともとり肉とうがらし炒め定食を前に呆然としているように映った。いくら食べても減らない。
 少なめのご飯とおしゃれな料理に慣らされた最近の若い女性には苦行以外の何物でもないのだろう。こわばった表情で口数も少なく、すこしずつとり肉とうがらし炒めを崩して食べている姿が印象的だった。
 結局彼女らは容器に大半の料理を詰めて、帰っていった。
 飲料水も料理を詰める容器もレジ袋もすべてセルフサービスで席の後ろに用意されている。
 こうした様子をみて、とり肉とうがらし炒め定食は持ち帰り、というのが私の作戦だった。
 2:13am とり肉とうがらし炒め定食が初めに来たが、手をつけず、ラーメンを待つ。数分してネギいっぱいのラーメンがきた。まずまずの味。チャーシューも多くサービス満点。定食はほとんど容器に詰めた。
 この店でラーメンというのは違うなと思った。大盛りの定食を食べ尽くすか、定食を前に立ち尽くすのがこの店に来た客の流儀だろう。
 帰り際に名刺かマッチをもらおうとしたが、そんなものはない。
 店主一人で電話に出る暇もないのだろう。近くの電信柱の住居表示をみたところ若宮町1-4ということだった。
 店を出たのが2:38am。ちょうど並び始めてから2時間が経過していた。
 この店はいったい何だったのだろう。
 おっさんはこんな長い時間、とても並べるものではないし、あんなに大量の料理を食べられるわけもない。
 2時間並んでも平気な人たちを以前見たような気がする。東京ディズニーランドだ。そんなに面白くもないアトラクションでも楽しそうに並んでいる若い男女たち。
 ユーカラはテーマパークなのだ。女性向きの料理がでるわけではないのに、女性がいるのは「待つ時間」が楽しいからなのだろう。
 この店はおじさん1人で行ってはいけない。おじさん1人で2時間待って、ジャングルクルーズを見て楽しいだろうか。
 テーマパークのアトラクションは何度も見るものではない。それでもディズニーランドにはいつも客がいる。
 おそるべきユーカラ・テーマパーク商法。
pqhdvc00058_i.jpg

| |

« ユーカラ~まるでテーマパーク その1 | Main | 上毛かるた »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ユーカラ~まるでテーマパーク その2:

« ユーカラ~まるでテーマパーク その1 | Main | 上毛かるた »