« 水上温泉・水上館「樽型露天風呂」 | Main | 早朝ゴルフその3(前橋ゴルフ場) »

朔詩舎(フランス料理、前橋市)

 「ぐんぐんぐんま」で一番リッチな昼食だった。焼きそばやうどんばかりではね。
 前橋市岩神町にある萩原朔太郎をテーマにしたフランスレストラン「朔詩舎」が9日にリニューアルオープンした。群馬に来る前から工事が始まっていたので、オープンが待ち遠しかった。
 ウェイティングスペースに朔太郎の著作や研究書が手に取って読めるコーナーがある。アンティーク家が朔太郎の時代を感じさせる。
 萩原朔太郎は前橋市出身の詩人だが、千代田町の生家跡地はマンションン建設予定。敷島公園に朔太郎の生家が復元されているので、敷島公園入り口にあるこの店も、朔太郎ファンには訪れてもらいたい。
 さて、なぜ萩原朔太郎がテーマでフランスなのか。
 朔太郎の「旅上」という詩がある。
 
 ふらんすへ行きたしと思えども
 ふらんすはあまりに遠し
 せめては新しき背広をきて
 きままなる旅にいでてみん。

 この朔太郎の思いをくみとってフランスレストランにしたという。
 正面が全面ガラス張りの席に案内された。新緑が美しかった。 
 席に着くと朔太郎の詩が書かれた飾り皿があった。

  波宜亭

 少年の日は物に感ぜしや
 われは波宜亭(はぎてい)の二階によりて
 かなしき情歓の思ひにしづめり。
 その亭の庭にも草木(さうもく)茂み
 風ふき渡りてばうばうたれども
 かのふるき待たれびとありやなしや。
 いにしへの日には鉛筆もて
 欄干(おばしま)にさへ記せし名なり。
 
 ランチコースで一番安い1995円の「利根の松原」を頼んだが、これで十分満足できた。
 ソムリエの薦めるスパークリングワイン(フランチャコルタ キュベブリュット=イタリア・ロンバルディーア=、グラス で882円)を注文。辛口でおいしかった。
 料理は前菜がヤリイカのマリネとサクラエビのシュー。スープはジャガイモの冷製スープ。メインディッシュは真鯛のポワレ。夏のサラダ、パン、コーヒー、デザートの盛り合わせ(ゴマのムースなど)。
 店の人もさわやかで、いい気分。
 この店もぜひ観光ガイドブック入りに。
 きょうは昼時に一人で来たが、次はゆっくり話したい仲間と、夜、来てみたい。
0svdvc00025_i.jpg

| |

« 水上温泉・水上館「樽型露天風呂」 | Main | 早朝ゴルフその3(前橋ゴルフ場) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 朔詩舎(フランス料理、前橋市):

« 水上温泉・水上館「樽型露天風呂」 | Main | 早朝ゴルフその3(前橋ゴルフ場) »