« 法師温泉・長寿館その1 | Main | 生方フルーツ園(さくらんぼ狩り、新治村) »

法師温泉・長寿館その2

 どこかで見た顔の男がいる。所沢に住む飲み友達のM君ではないか!! 小学4年生の娘さんを連れて先頭に並んでいる。
 とてもウマの合うヤツで、群馬で飲もうと話していた。けれど彼は忙しく、娘さんによると、日曜日もほとんど家にいないとのこと。本当に久しぶりの家族サービスらしい。ようやく休みがとれ、朝、思い立って、法師温泉に来た。奥さんと息子さんはすでに別の用事が決まっていて、二人で来たと言う。
 それにしても何の約束も話もなしに秘湯で出会うとは驚く。「浮気はできないな」と笑う。
 列の先頭に入れてもらい(^.^)、部屋で休憩(午後2時まで)し、食事も付くコースを頼んだ。食事は山菜丼、お吸い物、漬け物で、3000円。部屋は5つのテーブルがある宴会場だった。
 日帰り客は男女混浴の「法師の湯」と女性専用風呂に入れる。
 法師の湯の写真はまだ誰もいないときに撮ったが、あっという間に「満員御礼」の状態になった。
 男女で脱衣所は分かれているが、風呂は混浴。湯舟は8つに分かれており、奥がぬるめ、手前が熱め。各湯舟に4-5人がつかっていた。
 ほとんどが男性で、女性は男性の多さに圧倒されて、しばらくは女性はM君の娘さんだけだった。けれどもたまに、男性と一緒に来た女性が入ってきた。混浴はちっともいやらしくなく、ほのぼのとしていいと思う。
 湯舟は8つに分かれていると書いたが、実際は4つで、それぞれの湯舟の真ん中に丸太が置いてあり、一つの湯舟が2つに仕切られている。フルムーンのCMでは高峰三枝子が手前にいて、上原謙が丸太の向こう側にいる。丸太を見ると「ああ、法師温泉だ」と行ったことがある人はわかる。
 お湯は無色透明。湯舟の底に河原にある石が敷き詰められている。石を踏むと気持ちがいいし、丸太に頭を乗せると首のあたりが気持ちいい。手ごろな石をつかって、足や肩をたたくと、これまた気持ちがいい。お湯は飲用も兼ねて外からも足していたが、底からも湧き出している。
 霧積温泉・金湯館は風呂自体はそれほど特長はなく、全体の雰囲気でいい味を出していたが、法師の湯は個性的。木造の天井の高い建物も実に味わいがある。松山の道後温泉本館のような歴史を感じさせてくれる。
 群馬で言うと、四万温泉・積善館の「元禄の湯」が似た味わいだが、総合点では法師の湯が上だ。
 弘法大師巡錫の折に発見されたと伝えられ、"法師の湯 "の呼ばれるようになったという。
 泉質は無色透明のカルシウム、ナトリウム硫酸塩泉(石膏泉)で温度は43℃。適応症はリュウマチ性疾患、動脈硬化症、痛風および火傷、創傷など。飲用効果は慢性便秘、慢性肝、胆道疾患、じん麻疹、肥満症など。
 途中昼食をはさんで午後2時まで2度湯につかった。
 一人での群馬探訪もいいが、飲み友達がいると、楽しさが加わる。
0szdvc00005_i.jpg

|

« 法師温泉・長寿館その1 | Main | 生方フルーツ園(さくらんぼ狩り、新治村) »

Comments

いやあ、ばったりお会いして、たしかに驚きましたねえ。山奥、というほどの場所ではないけれども、不思議な場所でお会いしたものであります。温泉であったまったあとのビールがうまかったねえ。週末は混むので、日帰り入浴は平日のほうがいいかもしれません。

Posted by: M | 2004.06.13 01:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 法師温泉・長寿館その2:

« 法師温泉・長寿館その1 | Main | 生方フルーツ園(さくらんぼ狩り、新治村) »