« アプトの道その9 めがね橋 | Main | アプトの道その11 碓氷峠鉄道文化むら・アプト式 »

アプトの道その10 めがね橋外観

 大多数の観光客は国道を通って、いきなりめがね橋まで来るようだ。
 しかし、かつての碓氷線をたどり、トンネルを5つくぐりぬけ、さらに橋の上から階段で国道まで降りるという苦労をすると、めがね橋への愛着もひとしおになる。
 竹馬さんによると、めがね橋は明治27(1894)年の東京湾北部地震でヒビが入り、補修工事を行ったという。当時の写真を見せながら解説してくれたが、よくこれだけの巨大な煉瓦の橋を補強できたものだと感心する。
 アプトの道の起点スタートは9時26分。12時45分にめがね橋到着。
 ありがとうございました。
vomdvc00024_i.jpg

|

« アプトの道その9 めがね橋 | Main | アプトの道その11 碓氷峠鉄道文化むら・アプト式 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アプトの道その10 めがね橋外観:

« アプトの道その9 めがね橋 | Main | アプトの道その11 碓氷峠鉄道文化むら・アプト式 »