« 尻焼温泉・関晴館別館 | Main | 草津夏期国際音楽フェスティヴァル »

リンデンバウム(草津町、洋食)

 草津町に戻り昼食をとった。草津町は湯畑周辺は旅館街だが、その外周はリゾート地になる。しゃれた店も多い。
 手作りドイツソーセージ&ステーキの店「リンデンバウム」(0279・88・6568)に入った。
 ドイツソーセージ(ブルスト)は800年前、ドイツの古都レーゲンスブルク市で初めて作られた。古来の製法を忠実に再現した、とメニューに説明がある。
 ビールを飲みたいところだが、クルマなので、ブルストセット(1600円)を注文した。スープ、ソーセージ、サラダバー、ライスまたはパン、コーヒー。
 おいしかったが、やはりビールがないと・・・。
7iedvc00024_i.jpg

| |

« 尻焼温泉・関晴館別館 | Main | 草津夏期国際音楽フェスティヴァル »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リンデンバウム(草津町、洋食):

» 群馬・草津温泉でドイツウィンナー [いたばし区のばら]
ディナーはドイツウィンナーを出す店、「リンデンバウム」へ行ったわ。 草津は昔から、やたらドイツくさいものがゴロゴロしてるわ。姉妹都市のバーデン・バーデンの影響らしいのだけれど。 ドイツのバーデン・バーデンに行くと、日本くさいものがあふれてるのかしら?バーデン・バーデンの群馬の郷土食を出す店で、ドイツ人が「Ich wünsche Okirikomi und Onsen-manju.」(お切りこみと温泉まんじゅうを下さい)とかオーダーしてるのかしら? とりあえず、この店のウリのウィンナーとビールをい... [Read More]

Tracked on 2005.06.02 07:47 PM

« 尻焼温泉・関晴館別館 | Main | 草津夏期国際音楽フェスティヴァル »