« 沢渡温泉・まるほん旅館 | Main | たんげ温泉・美郷館その2 黄金の滝 »

たんげ温泉・美郷館その1

 たんげ温泉・美郷館(中之条町上沢渡字滑沢1521-2、0279・66・2100)は日帰り入浴を受け付けていない。それで、宿泊することにしたのだが、泊まってその良さがわかった。秘湯の宿は、山奥にひっそりとたたずむ旅館がほとんどで、規模の小さいところが多い。なかなか草津や伊香保の著名旅館並みの料理やサービスは期待できないが、この旅館は決してそうした旅館に負けていなかった。それでいて秘湯の要件は十分兼ね備えている。
 歴史が浅いのも秘湯の宿では珍しい。
 地元の高山林業が1991年10月に開業した。
 養蚕業や林業が廃れ、地元の若者が流出、過疎化が進んだ。そんななかで温泉を掘ろうという話が浮上した。昭和32年に住友グループが金鉱を求めて、このあたりをボーリングしたときに湯が出たという。温泉構想と並行して、地元では夏の間、月に2回くらい人が出て遊歩道の整備など、温泉旅館を作った後の散策エリアづくりも進め、温泉旅館ができた。毎分1600ℓと湯量は豊富だったが、泉温は22℃。8年間これで営業したが、再度ボーリングをし、44℃の温泉が毎分90ℓ湧出した。この温泉を使うことにし、旅館も大増築。2000年6月にリニューアルオープンした。
 旅館には5つの風呂があり、夜7時に男湯と女湯を入れ替える。
 29日には瀬音の湯と月見の湯(露天)に入った。
 月見の湯も川のせせらぎが聞こえてなかなか気分がいいが、それよりも瀬音の湯=写真=がよかった。
 檜をふんだんに使い、湯の底には石を置いて、法師温泉のような造りだ。
 泉質はカルシウム-硫酸塩温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)。飲んでみると沢渡温泉と似た泉質だった(伊香保の水道水事件以降、飲める温泉は飲み、飲めない温泉は含んでみることにしている)。 
vf8dvc00024_i.jpg

|

« 沢渡温泉・まるほん旅館 | Main | たんげ温泉・美郷館その2 黄金の滝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たんげ温泉・美郷館その1:

« 沢渡温泉・まるほん旅館 | Main | たんげ温泉・美郷館その2 黄金の滝 »