« 109シネマズ高崎 | Main | うのせ温泉・奥利根館 »

「デビルマン」

 永井豪原作の「デビルマン」が実写映画になった。原作に忠実に映画化されており、ラストの不動明と飛鳥了のシーンも漫画と同じだった。
 魔王サタンももともとは天使。完全な悪、完全な善などないと考える永井の「デビルマン」を観ると、正義と悪の対決のような単純な2元論を振りかざすドラマの幼稚さを感じる。
 人間と合体するデーモンを復活させ、人間を滅ぼそうともくろむサタンだが、人間の多さに、途方にくれる。しかし、魔女狩りから殺し合いになり、自滅していく人間たち。救いようのないドラマが迫力ある特撮と重なって、なかなかの作品と思えた。
 監督・那須博之、脚本・那須真知子
 出演・伊崎央登(不動明)、伊崎右典(飛鳥了)、酒井彩名(牧村美樹)、渋谷飛鳥(ミーコ)、冨永愛(シレーヌ)、宇崎竜童(牧村啓介)、阿木燿子(牧村恵美)、ボブ・サップ(ワールドニュースのキャスター)
devilman.bmp
(C)2004「デビルマン」製作委員会

|

« 109シネマズ高崎 | Main | うのせ温泉・奥利根館 »

Comments

おお!ご覧になられましたか。
あっちこっちで酷評されてるんですが、自分はそれなりに満足してます。
甘いかもしれませんが、現在の日本映画界は「ダメだダメだ」といっても成長しないと思うので。

Posted by: ヤボオ | 2004.10.11 at 12:46 PM

永井豪は満足しているのではないでしょうか。
酷評するとすれば、
(1)原作そのままで、映画監督としてのオリジナリティーがない。
(2)永井豪を知らない人にはお薦めできない(恋人の首だけ運ぶとか・・・)。
(3)演技が下手(永井豪の漫画って、下手な演技みたいな気がしていたので、下手なところがまたよかった)。
(4)デビルマンから人間にもどったところがチャチなど、手抜き感がある(まあ、予算にも限りがあるし・・・)。
(5)ストーリー展開が唐突な感じ(永井豪の原作がそうだからしかたがない)。
なんてとこでしょうか?酷評みていないのでわからない。
トラックバックの機能、いまだに知らないけれど、永井豪に関しては議論に入りたい感じです。以前、会ったこともあるし。

Posted by: フーテンの中 | 2004.10.11 at 11:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17295/1635814

Listed below are links to weblogs that reference 「デビルマン」:

» 那須博之「Devilman」(今日もどこかでばれてます) [ときどきメモリアル]
他人にはお勧めできないが、自分としてはそれなりに満足だ。 ご存じの通り、永井豪の [Read More]

Tracked on 2004.10.11 at 12:43 PM

« 109シネマズ高崎 | Main | うのせ温泉・奥利根館 »