« 草津の共同浴場巡り | Main | 地蔵の湯その2 »

地蔵の湯その1

 最初に行くことにしたのは地蔵の湯。草津伝統の時間湯も受け付けており、共同浴場のなかでは白旗の湯と並ぶ有名な湯だ。
 湯畑からバスターミナル方面にいく坂をのぼると、温泉まんじゅうの「ちちや」がある。手前を左折して道なりにいくと地蔵の湯がある。
 近くに地蔵堂もあり、由来などの説明書きがあった。

 地蔵堂と地蔵の湯
 地蔵堂は文化5年(1808)の建立です。
 もともと葛城山常楽院という修験山伏の
 御堂で、大日堂や不動堂もありましたが、
 明治の神仏分離令で大日堂は壊され、不
 動堂は光泉寺へ寄進されました。本尊は
 高さ25センチメートルほどの石の地蔵で、
 木曾義仲の護持仏と伝えられています。
 地蔵堂の前には地蔵湯畑、目洗地蔵と共
 に、草津温泉独自の入浴法『時間湯』が
 今も行われている地蔵の湯があって昔
 から信仰と湯治が深く結びついているこ
 とを伝えています。

 目洗地蔵についても説明があった。
 
 目洗地蔵の由来
 安政の頃、徳兵衛なる者眼病を患い
 し時地蔵菩薩夢枕にたち この湯で
 目を洗えば治癒すべしとお告げありさし
 もの眼病忽ちに治癒す
 人々これを聞きてこの湯を用い眼病(以下判読できず)
 その功徳をたたえ地蔵尊を建立(以下判読できず)

 大変、ありがたい湯のようだ。
1cpdvc00017_i.jpg

|

« 草津の共同浴場巡り | Main | 地蔵の湯その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地蔵の湯その1:

« 草津の共同浴場巡り | Main | 地蔵の湯その2 »