« 赤城ゴルフクラブ(赤城村) | Main | 水沢うどん・万葉亭 »

霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)

 会員の同伴が必要な名門コース、霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市字笠幡3398、049・231・2181)を回る機会に恵まれた。東コース。アウトが3304ヤード、インが3210ヤード。コースレート71.1。
 名門コースとはなんだろう。恐らく、広々としていて、ティーショットを曲げてもOBなどにはならない。距離があるのでしっかり打たないとスコアがまとまらない。グリーン近くは深いバンカーに囲まれ、攻略が難しい。グリーンは傾斜の上から打つと止まらない・・・。数少ない過去の名門ゴルフコースから描いたイメージが以上のようなものだった。たとえば習志野カントリークラブキングコースのイメージ。まさにこのイメージどおりのゴルフ場だった。
 乗用カートなどはなくキャディーと歩いて回るところも習志野と同じ。
 ティーショットを少しでも曲げるとOB。でもグリーン周りは簡単、というゴルフ場にはないプレーを楽しめた。
 連れていってもらったのは群馬県の人。冬は群馬でのゴルフはちょっと寒いので、埼玉に来ると言う。ほとんど無風でぽかぽかした陽気だった。
 倶楽部のホームページによると、1929年の開設。1932年、世界的名設計者C.H.アリソン氏がコースを視察し、同氏の設計図により、助手ベングレス氏の監督のもとに改造工事が行われたという。このとき東10番ホールなどに造られた深いアリソンバンカーがコースの特徴になっている。
 このバンカーに悩まされた。午前中はバンカーを避けて1度しか入れなかったが、後半のインはほとんどのホールでバンカーにつかまった。
 ティーショットがまったくだめだったが、アイアンは練習の甲斐あってまずまずで、7番の188ヤードのショートも5番アイアンでグリーンをとらえた・・・勢い余ってちょっと先へこぼれたが。
 スコアはよくなかったがキャディーさんによると他のコースより10打は多く打つと誰が来ても言うという。自分の調子と言うよりも、ゴルフ場が難しく、スコアがよくなかった、というのが正しいかもしれない。
 アウトが444354345。スコアは+4(2パット)、+1(1)、+2(2)、+1(3)、+4(1)、+1(1)、+1(2)、+3(1)、+1(2)=18オーバーの54。インが344454344。スコアは+4(2)、+1(2)、+3(2)、+3(3)、+2(2)、+2(1)、+2(3)、+2(2)、+3(2)=22オーバーの57。
 ティーショットがまともに飛べば、スコアの向上が期待できる。練習するしかない。
 もう一度挑戦したいゴルフ場だった。
sdfdvc00005_i.jpg

|

« 赤城ゴルフクラブ(赤城村) | Main | 水沢うどん・万葉亭 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市):

« 赤城ゴルフクラブ(赤城村) | Main | 水沢うどん・万葉亭 »