« プレスカントリークラブ(安中市) | Main | 緑野カントリークラブ(藤岡市) »

CENTO (前橋市、イタリアン)

 本格的なイタリアンレストランが群馬にオープンした。
 富士スバルの関連会社で、ボルボ正規ディーラーのユーロブレッツアが10月9日に前橋市下小出町2-54-6(027・219・0101)にオープンしたBar & Grill CENTO(銭湯ではない。チェントと読む(^^ゞ)。
 群馬はイタリアンレストランは多いが、行ってみると、どこもファミリーレストランのようなところばかり。ピザとパスタを安く食べるのにはいいが、たとえばお酒のメニューが貧弱で、スパークリングワインなどはなく、まずはビールを飲みなさいという感じのところばかりだ。ワインも3000円まで。大人がゆっくり楽しめるような本格的なイタリアンが皆無に近かった。
 ワインということでいえば、群馬にはちゃんとしたフランス料理店が少ない。老舗と言われるAやRは、ソムリエはいないし、ワインを頼むとぼんとボトルをテーブルに置いて店員は姿を消してしまう。
 CENTOは東京近郊にあってもおかしくない店だった。
 注文したのはロメインレタスのシーザーサラダ(Insalata di lattuga romana con gamberetti e avocado)海老のソテーとアボガド添え クリーミーなアンチョビガーリックのドレッシングで 900円
  フランス産 フォアグラのポアレ(Foie gars in padella con mele e cavolo salsa porto)リンゴのキャラメリゼとキャベツのピクルス添え 甘みのあるポルトソースで  1520円
  ネプチューンコロッケ(Crocchetta di frutta mare salsa burro bianco aromatico)市場直送の海の幸をオリジナルコロッケに、唐辛子風味のバターソースで  1000円
  リガトーニ、イノシシ肉のラグーソース和え(Rigatoni con ragu di cinghiale)トマトと一緒に煮込んだイノシシのミートソースをペコリーノチーズとからめて 1400円
 スペイン産 イベリコ豚 ロースの炭火焼き(RBraciola di maiale "IVERICO" con olio d'oliva vergine)旨味が凝縮されたイベリコ豚の備長炭焼き レモンとエクストラオリーブオイルで 100g 1500円。
 どれも美味。
  ワインもふんだんに用意されていて、10万5000円もするワインもある。
 飲んだのは赤ワイン。カベルネ&メルロ'00 ケープメンテル(5500円)とカベルネ ソーヴィニオン'96 タイタス(7900円)。しっかりした味のワインだった。
 一番搾りのオリーブオイルとバルサミコ酢で食べるパンもおいしかった。
 水曜定休(祝祭日の場合は翌日)。営業時間はLunch 11:30 - 15:00(L.O.14:00)、Dinner 18:00 - 23:00(L.O.22:00) 
 群馬に来て10ヵ月。このところちゃんとした店に出合うようになり、マルシェ&自炊のパターンはほとんどなくなった。
 きょう時点で「観光地として大切」「群馬らしい」という視点ではなく、本音でおいしい!と思った店はこの店以外では、お台処楽水楽山茶古里てんぺいわがまま餃子といったところか。
 そば店は日によっても味が違うので、なんとも言えない。
ga4dvc00031_i.jpg

|

« プレスカントリークラブ(安中市) | Main | 緑野カントリークラブ(藤岡市) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CENTO (前橋市、イタリアン):

« プレスカントリークラブ(安中市) | Main | 緑野カントリークラブ(藤岡市) »