« 猿ヶ京温泉・まんてん星の湯その1 | Main | 猿ヶ京温泉・まんてん星の湯その3 »

猿ヶ京温泉・まんてん星の湯その2

 温泉は「里の湯」と「七夕の湯」があり、交互に男湯、女湯になる。この日は「里の湯」が男湯だった。
 露天風呂は湯舟の外にいると寒いが、ずっと浸かっていると熱くなる。打たせ湯は下半身だけ浸かり上半身に湯を浴びているので、熱くも寒くもなくちょうど良い。ずっと打たれていた。
 村が造った施設だけに、温泉の表示はきちっとしていた。通常の「温泉分析書」のほか、浴槽ごとの「温泉利用実態表」、さらに、日本温泉協会の最新の「天然温泉表示看板」も掲示している。
 それらによると、湯は掛け流し・循環併用式(放流一部循環濾過式)。加温あり。ただ、天然温泉表示看板では加水なし、となっていたが、「温泉利用実態調査表」では加水ありとなっていた(-_-;)
 温泉分析書によると以下の通り。
 源泉名=猿ヶ京温泉(共有泉湯島)
 泉温=55.5℃
 泉質=カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
 浴用の適応症=神経痛、筋肉痛、関節炎、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病。
824dvc00047_i.jpg

|

« 猿ヶ京温泉・まんてん星の湯その1 | Main | 猿ヶ京温泉・まんてん星の湯その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 猿ヶ京温泉・まんてん星の湯その2:

« 猿ヶ京温泉・まんてん星の湯その1 | Main | 猿ヶ京温泉・まんてん星の湯その3 »