« ささや(富士見村、そば・うどん) | Main | 老神温泉・東秀館 »

老神温泉露天風呂十二支めぐり

lg3dvc00091_i.jpg
 NHKの3月3日の番組「難問解決!ご近所の底力」を見た。
 タイトルは「温泉街に春を呼べ」。
 専門家のゲストは石川理夫さん(温泉評論家)。
 お困りご近所は群馬県沼田市の「老神温泉の皆さん」!!
 妙案その1は 「温泉と“いーなか”」(温泉地+田舎暮らし体験)~宮城県・東鳴子温泉~
 宮城県東鳴子温泉は、地元の人たちの農閑期の「湯治場」として栄えてきた温泉地。
 こちらで始まったのが「田舎暮らし体験(グリーン・ツーリズム)」との連携。昨年は、旅館と地元の農家が協力して、温泉客たちとコメ作りを企画。5月の田植え、夏の草取り、秋の収穫、脱穀作業・・・などなど、一年を通じて農作業を行った。田植えのときはわずか5人ではじめたこの「コメ作り」は、口コミで輪が広がり、収穫の時には30人もの参加者を集めるほどの大盛況となった。温泉客は田舎暮らし体験をするため、年に何度も東鳴子温泉に来てくれる、「リピーター」になっている。
 妙案その2は「お湯は百薬の長」(温泉地+健康増進)~岡山県・湯原温泉~
 自らの“温泉”を知り尽くした「温泉指南役」なるものを養成することで、客足を取り戻す事に成功したのが、岡山・湯原温泉。この温泉指南役は、地元の温泉病院の医師から、温泉の基本的な効能はもちろん、医学的に正しい入浴法を学んでいる。 湯原温泉では、さらに新たな病院との連携も開始。温泉と人間ドックをパックにした「ホットドックプラン」なるものをはじめ、人気を集めている。
 妙案その3は「あなた好みのおフロになりたい」~山形県・小野川温泉~
 いろいろな温泉に入ってみたいと思うお客さんには、「湯めぐり」、日帰りで気軽に温泉気分を味わいたい人には「無料の足湯」、温泉街を歩いていて、お腹が空いた人には、「どこでも出前」。 お客さんの小さなニーズをつかみ、お客さんを伸ばしているのが山形県小野川温泉。その秘密は温泉地の商店主らが作っているメーリングリストにある。お客さんから上がった要望を、全員に一斉送信。情報をみんなで共有し、アイディアを出し合うことで次々とかゆい所に手が届くような「あなた好みの温泉街」を作ることに成功している。
 
 老神温泉の人たち、ノリがいい!これまでは尾瀬に行った帰りに日帰り施設に行っただけ。旅館にも行ってみようと思い、老神を訪ねた。
 老神温泉の12の旅館は「露天風呂十二支めぐり」をしている。5000円で、露天風呂を持つ12の旅館の風呂に入れ、しかも干支の湯のみがもらえるという企画だ。
 東秀館(0278・56・3024)に行って、スタンプ帳をくださいというと、「宿泊客に売ることになっているんです」とのこと。がっかり・・・。
 がっかりしていると、女将さんが「でも、いいですよ、泊まったことにして内緒でお売りします」。
 そうそう、老神ファンが一人増えるのだから、柔軟にお願いします。感謝。
 というわけで、露天風呂十二支めぐりスタート!
 

|

« ささや(富士見村、そば・うどん) | Main | 老神温泉・東秀館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 老神温泉露天風呂十二支めぐり:

« ささや(富士見村、そば・うどん) | Main | 老神温泉・東秀館 »