« とんかつトミタ(沼田市、かつ) | Main | 小栗康平監督「埋もれ木」 »

つゆ下梅の花(高崎市、そば)

e03dvc00028_i.jpg
 高崎の人に「つゆ下梅の花」(高崎市栄町25-2、027・327・4178)に連れて行ってもらった。
 店には確認しなかったが、一緒に行った人によると、赤城の桑風庵系の店らしい。
 確かに1升2940円、7合2205円、5合1470円という表現は桑風庵風だ。
 みかけも白っぽいそばに皮の部分をまぶしてある感じでとても似ていた。
 ただ、麺は桑風庵より太く、固めでコシがありすぎという気がした。桑風庵も麺がいまひとつという日があった。この太めの麺はゆで加減でも相当食感が変わりそう。もうすこしつるつる食べられる麺のほうがよかった。 
 営業時間は午前 11時から午後3時。

|

« とんかつトミタ(沼田市、かつ) | Main | 小栗康平監督「埋もれ木」 »

Comments

そばは不思議な「生き物」で、茹でることが相当意味があるようです。この前のたくみの里のそばがいまひとつぴんと来なかったのはそのせいだとおもいます。栃木のそば打ち教室で習ったときは、茹でに相当気を遣っていました。今日は早朝から大阪です。眠い・・・

Posted by: 賽目日乗 | 2005.04.05 03:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference つゆ下梅の花(高崎市、そば):

« とんかつトミタ(沼田市、かつ) | Main | 小栗康平監督「埋もれ木」 »