« つゆ下梅の花(高崎市、そば) | Main | 前橋桜開花宣言 »

小栗康平監督「埋もれ木」

 小栗康平監督の「埋もれ木」を前橋市の郡馬会館で開かれた完成披露試写会で観た。
 群馬を舞台にした「眠る男」以来9年ぶりの作品だという。
 小栗監督はパンフレットの前文でこう書いている。
 「画像は感覚に訴える。言葉と比べればもともと論理性を優先していない。その分だけ、見る人の印象といったところへまぎれて、なにがいいのか悪いのかを、私たちは確かめ合えないでいる。画像の中心がTVに移り、映画の商業性ばかりが強調されていくと、映像はどうしてもわかりやすいものへと流れがちになる。(中略)『埋もれ木』では、見えていることと、見ようとしていることが、ないまぜになっている。結果として、映画にある程度の抽象性が入ることを避けられなくなった」
 その通り、ストーリー展開が楽しい映画ではない。しかし人の内面を描いた抽象画を鑑賞するように、心象風景として絵を追っていけば、なかなか楽しい映画である。
 しかし、なぞのマーケットがあったり、突然ミニストップが出てきたり、この人たちは何をしているのだろうと意味を考え始めると、映画の展開に遅れをとることが多かった。

 フィルムでなくHD(デジタルハイビジョン)カメラで撮影したというが、暗い場面もうまく表現できており、フィルムに負けない奥行きがでているのには驚いた。

 主役の女性が輝いていた。良い女優に育ちそうな雰囲気があった。

 テーマは「夢がなければ、思いがなければ生きていけない」。
 小栗監督はパンフレットで「硬直しているように見える目の前の現実を、変わることの出来る『やわらかなもの』として見つめ直し、夢、思い、といった心の力を信じよう」と言う希望のメッセージであると説明している。
 私は、寝ているだけで存在感のある男が出演していた「眠る男」のほうが強い印象を受けたが、テーマとしては眠る男より膨らんだのかもしれない。
 本筋とは関係ないが、主人公の母親(田中裕子)が、愛想の悪い女子高生の娘を指して「おまえも高校生のときはあんな感じだったのか」と批判する夫に向かって、「私はかわいかった。あなたってかわいそう。妻の一番かわいいときを知らないのだから」という台詞がなんとなくおかしかった。
 小栗監督が上映前の挨拶で言っていたように、「ぼやーっと」観たい映画だ。

|

« つゆ下梅の花(高崎市、そば) | Main | 前橋桜開花宣言 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小栗康平監督「埋もれ木」:

« つゆ下梅の花(高崎市、そば) | Main | 前橋桜開花宣言 »