« 前橋文学館その1 | Main | 前橋文学館その3 »

前橋文学館その2

前橋文学館その2
 2階に常設の萩原朔太郎展示室がある。入り口近くに朔太郎のギターが展示されている。音楽、家族、作品などテーマ別に展示があるが、楽しかったのが「詩のステージ」。イメージビデオと岸田今日子さん、幸田弘子さんらによる朔太郎の詩の朗読がある。24作品を読まずに楽しめるのがいい。
 圧巻は朔太郎自らの朗読。「乃木坂倶楽部」を読む朔太郎の肉声は、奥田民生の玉音放送のようだった(笑)。

 十二月また来たれり。
 なんぞこの冬の寒きや。
 去年はアパートの五階に住み
 荒漠たる洋室の中
 壁に寝台(べつど)を寄せてさびしく眠れり。
 わが思惟するものは何ぞや
 すでに人生の虚妄に疲れて
 今も尚(なお)家畜の如くに飢えたるかな。
 我れは何物をも喪失せず
 また一切を失ひ尽くせり。
 いかなれば追はるる如く
 歳暮の忙がしき街を憂い迷ひて
 昼もなお酒場の椅子(いす)に酔はむとするぞ。
 虚空を翔(か)け行く鳥の如く
 情緒もまた久しき過去に消え去るべし。

 十二月また来たれり
 なんぞこの冬の寒さや。
 
 訪(と)ふものは扉(どあ)を叩(の)つくし
 われの懶惰(らんだ)を見て憐れみ去れども
 石炭もなく暖炉もなく
 白堊(はくあ)の荒漠たる洋室の中
 我れひとり寝台(べつど)に醒めて
 白昼(ひる)もなお熊の如くに眠れるなり。

 「氷島」(昭和9年)に収められている作品。晩年は文語に戻っている。
 
 

|

« 前橋文学館その1 | Main | 前橋文学館その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 前橋文学館その2:

« 前橋文学館その1 | Main | 前橋文学館その3 »