« ラ・ピッツェリアその3 | Main | 大塚温泉その1 »

ぬるくなかった新中之条温泉

ぬるくなかった新中之条温泉
 川古温泉のおかげで、すっかり「ぬる湯」が気に入ってしまった。
 そこで、インターネットのGoogleで「ぬる湯」「群馬」と入れ、見つけたのが中之条町の「大塚(おおづか)温泉」と「新中之条温泉」だ。
 どちらも観光ガイドには載っていないが、中之条町のホームページに以下の説明があった。
●新中之条温泉観音の湯
 中之条町から高山村に抜ける国道145号を左折し、のどかな山村風景の中にある一軒宿。
 泉質はアルカリ性単純泉、泉温は34度とぬるめですが、肌触りが柔らかく、神経痛・リューマチ・筋肉痛・関節痛・冷え症などによく効きます。
 平成2年4月に温泉センターをオープンして以来、着実に入湯客が増えてます。
●大塚(おおづか)温泉
 あまりの賑わいに、宿の女中が湯の中に馬の骨を入れたことから湯の神の怒りに触れ、湯の温度を下げたという言い伝えが残る「ぬる湯」の温泉。
 泉質は含土類重曹泉で、慢性皮膚病・創傷・リューマチ・神経痛・神経炎などに効果があります。
 豊富な温泉を利用して、テラピアが養殖され、食膳に彩りを添えています。
 この二つの温泉に行くことに決めた。
 まず新中之条温泉「観音の湯」。
 岸本旅館(中之条町大字蟻川45、0279・75・2478)が経営。午前10時から午後7時半まで入浴でき、入浴料は2時間300円。
 湯に入った。熱い!
 なんだこれは?
 すぐに出た。
 受け付けの人に聞くと加温しているという。
 ぬる湯では商売にならないらしい。
 この温泉に、もう来ることはないだろう。

|

« ラ・ピッツェリアその3 | Main | 大塚温泉その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ぬるくなかった新中之条温泉:

« ラ・ピッツェリアその3 | Main | 大塚温泉その1 »