« 県立ぐんま天文台その4 | Main | 望雲その2 »

草津温泉・望雲その1

 十返舎一九のほか、小林一茶、高村光太郎など多くの文人に愛された古くからの湯宿、草津温泉の望雲(草津町433-1、0279・88・3251)に泊まった。
 1日目(午前4:30まで)は男湯が万代乃湯。万代鉱が源泉だ。木造の高い天井。広々とした空間で、くつろげる。
n1ydvc00003_i.jpg
 下の写真が露天風呂。
n26dvc00002_i.jpg
 泉質は、酸性-塩化物・硫酸塩温泉。源泉の温度は96℃。
 適応症は、温泉の一般的な効能(神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・健康増進)に加え、慢性皮膚病・慢性婦人病・糖尿病・高血圧症・動脈硬化症、きりきず、やけど、虚弱児童に優れた効果がある。
 毎日1回の浴槽清掃の後、泉温を下げるため少量を加水。
 

|

« 県立ぐんま天文台その4 | Main | 望雲その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 草津温泉・望雲その1:

« 県立ぐんま天文台その4 | Main | 望雲その2 »