« マンモス焼(いわじく・照) | Main | 御堂山(下仁田町) »

群馬県立日本絹の里(群馬町)

 群馬県立日本絹の里(群馬町大字金古888-1、027・360・6300)に行った。繭や生糸に関する資料や群馬の絹製品などを展示している施設で、絹を使った染織体験などもできる。
nipponkinunosato006
 原則は撮影禁止のようなので、館の人の了解を得て、撮影をした。美術館や博物館はフラッシュ撮影をすると展示物に影響がでるが、フラッシュをたかなければ本来は問題はないはず。誰もが親しめる施設としてマナーを守ったうえで最小限の撮影などは許してもらいたいものだ(展示の説明文などを撮影、後で参照することがよくある)。
nipponkinunosato003
 生まれたばかりのカイコは本当に小さい。これがどんどん育ち――。
nipponkinunosato004
 このくらいになる。
 カイコは家畜化された虫で、えさをやらずに置いていてもそこにとどまっているという。
 最近では遺伝子組み換えなどの実験でも盛んに利用されている。
nipponkinunosato002
 群馬県の繭は中国製品に改良を加えた新品種が多い。
nipponkinunosato001
 「繭糸(けんし)の構造と成分」のパネル展示はためになった。
 絹の材料となる繭糸の成分のほとんどは、フィブロインとセリシンと
 いう2つのタンパク質です。一対の絹糸腺から吐かれた繭糸は2本
 のフィブロインとこれをおおうセリシンでできています。一本の繭糸
 を、アルカリなどで溶かす(精練する)と2本の絹糸に分かれます。
 1本の絹糸は、100本内外の細い糸(フィブリル)からできており、
 フィブリルは、さらに細い繊維(ミクロフィブリル)がたくさん集束し、
 ところどころに細かいすき間を残した微細構造になっています。

 絹糸はノリがなくてもセリシンで接着、長い糸にできるらしい。
 セリシンは肌によい成分であることも分かり、最近注目されている。
nipponkinunosato005
 企画展示室は広い空間が気持ちよい。
 テーマ展「日本舞踊とバレエの舞台衣裳」を開催していた。
 
 開館時間は午前9時半から午後5時まで。火曜、年末年始休館。入館料は一般200円。


|

« マンモス焼(いわじく・照) | Main | 御堂山(下仁田町) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 群馬県立日本絹の里(群馬町):

« マンモス焼(いわじく・照) | Main | 御堂山(下仁田町) »