« 史跡金山城跡(太田市) | Main | なかや桑風庵本店(富士見村、そば) »

赤城山・鍋割山

 最高峰の黒檜山、そして駒ヶ岳、長七郎山、地蔵岳、荒山、鍋割山、鈴が岳などの総称が赤城山。
 冬なので最も登りやすい鍋割山に登った。
nabewariyama001
 7:00前橋市中心部発。赤城山に向かう。富士見村箕輪バス停近くに大きな駐車場があり、駐車場の脇に「荒山高原入口」と書かれた道標がある。7:52ここから登った。
nabewariyama002
 雪道だが、アイゼン(登山靴の底につける、とがった爪をもつ滑りどめの金具)はつけずに登る。山登りの師匠、Mさんが、山登りの基本的な登り方をすれば大丈夫という。確かに、一歩一歩踏みしめて、下りはかかとから地に足をつけるようにすれば滑らない。道具に頼らない登り方を教えてもらった。
nabewariyama003
 8:35荒山高原に到着。右は鍋割山、左は荒山。
nabewariyama004
 鍋割山。
nabewariyama005
 荒山。
nabewariyama006
 20分ほど休んでから鍋割山に向かう。
nabewariyama007
 尾根に出ると、浅間山がよく見える。真っ白でとてもきれいだ。
nabewariyama008
 尾根伝いにアップダウンを何度か繰り返す。
nabewariyama009
 振り返ると電波等が集る山もある。
nabewariyama012
 最も南にあるのが鍋割山。
nabewariyama013
 9:40山頂に到達。標高1332m。
nabewariyama014
 前橋が一望できる。美しい。爽快。
nabewariyama015
 県庁や高崎市役所も見える。
nabewariyama017
  赤城国際カントリークラブも見える。
 10:17下山開始。正午に登山口に戻った。

 鍋割山は赤城山の中でも初級コースだが、展望は抜群。群馬生活最後の山を堪能した。
 ありがとうございました、Mさん。
 東京に戻っても、たまに群馬に山登りに来ますから、また付き合ってください。

|

« 史跡金山城跡(太田市) | Main | なかや桑風庵本店(富士見村、そば) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 赤城山・鍋割山:

« 史跡金山城跡(太田市) | Main | なかや桑風庵本店(富士見村、そば) »