« 椿の湯(松山市、道後温泉) | Main | 坊っちゃん列車 »

松山城

 松山市の中心部、勝山(標高132m)にそびえ立つ松山城に行った。松山市のホームページによると、松山城の築城者は、賤ヶ岳(しずがたけ)の合戦で有名な七本槍の一人、加藤嘉明(かとうよしあき)。嘉明が25年(1602~1627)の歳月をかけて築いた松山城は、勝山山頂に本丸・中腹に二ノ丸・山麓に三ノ丸を整備した広大な規模の城郭だった。
matsuyamajo001
 ロープウェイ入り口に行くと、ちょうど松山城ロープウェイ東雲口駅舎が完成したばかりで、落成式が行われる直前だった。
matsuyamajo002
 同じ券でロープウェイ、リフトのどちらにも乗れる、
 ロープウェイの山頂までの所要時間は約3分。約50人乗り。
matsuyamajo003
 リフトの山頂までの所要時間は約6分。
 ロープウェイが出たばかりだったのでリフトに乗った。見晴らしがよく、6分は程よい時間だった。
matsuyamajo004
 リフトを降りるとすぐ松山城の石垣が見えてくる。
matsuyamajo005
 戸無門へ向かう。
matsuyamajo006
 戸無門をくぐると展望が開ける。海が見える。
matsuyamajo007
 いよてつ高島屋も見える。
matsuyamajo008
 松山城郭の中で最大の建造物である天守(三階三層地下一階)は経年による傷みがひどく、昭和44年以来の大規模な修理工事を行っている。屋根の葺き替えや壁の補修を行うため、天守建物には足場が組まれ、メッシュシートで覆われており、天守から外部の景観は見えない。
matsuyamajo009
 松山城小天守。ここからは松山の眺望を楽しめる。
matsuyamajo010
 今回の修復工事に伴い、松山城天守の”しゃちほこ”も新しくなる。そこで、松山城小天守1階で、取り替え間に新しいしゃちほこを一般公開している。5月7日まで。
matsuyamajo011


|

« 椿の湯(松山市、道後温泉) | Main | 坊っちゃん列車 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 松山城:

« 椿の湯(松山市、道後温泉) | Main | 坊っちゃん列車 »