« サントリー白州蒸溜所(山梨県北杜市) | Main | 清春芸術村(山梨県北杜市) »

翁(山梨県北杜市、そば)

 ロッジで楽しい一夜を過ごした後、昼食を、老舗のそば店でとることにした。
 「翁」(山梨県北杜市長坂町中丸2205、0551・32・5405)だ。

 「翁」創業者の高橋邦弘が自家製粉に取り組んだ最初の店がこの「長坂・翁」。高橋邦弘の教えを守り、おいしいそばを提供していると言う。
 11時に着いたのでほどんど待たなかった。
 翁の蕎麦は、「ざる」と「田舎」の二種類。そば殻をきれいに剥いてから粉にしたうぐいすいろのそばが「ざるそば」、少し太めのしっかりとした食べ応えのあるのが「田舎そば」。ともに二八そばで、840円。
 両方を頼んだ。

Okina01
 田舎は好き好きかもしれない。私はあまり太いそばは好きではないが、個性的なそばだった。
 ざるはオードドックスなそばでおいしかった。

Okina02
 店は静かな林の中にある。営業時間は午前11:00~午後3:00。月曜定休、火曜日は不定休。

|

« サントリー白州蒸溜所(山梨県北杜市) | Main | 清春芸術村(山梨県北杜市) »

Comments

翁、どうでしたか? 名人はもう広島かどこかに行っちゃったんですよね。

家の近くに、お弟子さんの店があって、ときどきいきました。すげえうまいときと、なにこれというときの落差が大きすぎたかな。

チェコでそば粉を発見。蕎麦が食べたくて仕方なかったですが、とりあえず蕎麦を打って、食べました。

Posted by: 賽目 | 2006.08.07 at 01:50 PM

群馬でもそば打ちうまかったけれど、チェコでそば打ちですか。サイドビジネスでそば屋始めたりして。

Posted by: フーテンの中 | 2006.08.07 at 11:38 PM

チェコにある材料でうどん、蕎麦、大阪ずし、お好み焼きなんかは成功しているので、ちょっとした居酒屋はできますね。ただ蕎麦にしろなんにしろ、量をつくるのはたいへんですよね。

蕎麦はそば粉の関係で香りはあんまりしないのと(乾麺よりはうまい程度)、ピザをつくる台(そんなに大きくはない)でつくったり、そば切り包丁がないので、田舎蕎麦より太いくらいになってしまいます。蕎麦の実から挽いたり、道具を工夫すればよりよくなるでしょう。

メインビジネスかも(笑い)。

Posted by: 賽目 | 2006.08.08 at 02:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17295/11309892

Listed below are links to weblogs that reference 翁(山梨県北杜市、そば):

« サントリー白州蒸溜所(山梨県北杜市) | Main | 清春芸術村(山梨県北杜市) »