« たいめいけん(東京・日本橋、洋食) | Main | 軽井沢72ゴルフ・南コース »

草津カントリークラブ

草津カントリークラブ
 草津カントリークラブに以前同じ職場だったKaさん、Kiさんと行った。直前でG君が行けなくなってしまったので地元のHさんに加わってもらった。
 草津カントリークラブで初めてラウンドしたのは2004年11月6日。スコアは109。
2回目(2005年4月17日)は101とスコアが良くなったが、昨年夏、一泊でラウンドした初日(7月29日)は119、2日目(30日)は116と大きく乱れた。
 今回は、なんとか挽回したいところ。スタートから気合が入った。
 インスタート。10番でいきなりパー。11番もパー。これはいけると思ったとたん+4。しかし、続く13番パー5で、あわやイーグルというパットをわずかに外したもののバーディー。その後14,15番をボギーでしのいだので、今日はうまくいくのでは、と思った瞬間、16、17番で連続+4。最後はダブルボギーで結局51だった。パット数は213213213。
 アウトは+2+4+4+1+0+2+3+3+2=+21で57。合計108。
 最近の平均的スコアに落ち着いた。
 パット数は234123332。
 「オリンピック」をして、ワンパットが4回だったが、金銀銅鉄すべてを1回ずつ取る効率の良さで、たくさん点数をgetできた。
 ゴルフの後、温泉にゆっくり浸かり、夜は風来坊に行った。期待通りのおいしいつまみと、3種類のそばで、満足したが。
 ゴルフ談義が面白かった。
 Hさんはベストスコア4アンダーの腕前。
 大切なのはアプローチとパットだという。プロではないので、ドライバーで飛距離を出して、グリーンピンそばにぴたりとつけるのは無理。アマチュアはドライバーは2打目はそこそこで構わず、グリーン周りに来てから、パットしやすい位置にアプローチショットを打つなど、工夫すればスコアはよくなる――。
 そんななかで自分の欠点、勘違いがわかってきた。
 勘違いその1 パットはホールを越えるように打たなければ入らない。アプローチも同様と思っていたが、アプローチはいかにピンに近づけるかが大事で、手前から攻め、オーバーしないようにしたほうが、うまくいくケースが多い。
 勘違いその2 ピンに少しでも近づけるほうがいいと思っていたが、アプローチしやすい距離を残すように打つほうが失敗しない。距離が近すぎるとアプローチはかえって難しくなる。
 勘違いその3 林に入ると木があってもピンに向かって、わずかなすき間をフルショットしたくなるのに、池があると避けたくなる。これは大きな間違い。木とは勝負をしてはいけない(出しやすいところに出す)。池とは堂々と勝負をすべきだ。池を避けると、池に入れるより、多く打つ結果になることが多い。
 勘違いその4 ゴルフはスポーツだと思っていたが、「ゲーム」の要素が多い。スポーツだったら林に入れて、横に出す、ようなことはないと思う。体を使うゲームなのだ。 
 こんなことはすべて分かっていたはずなのだが、実戦で逆のことをしている以上、勘違いなのだと思う。

|

« たいめいけん(東京・日本橋、洋食) | Main | 軽井沢72ゴルフ・南コース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 草津カントリークラブ:

« たいめいけん(東京・日本橋、洋食) | Main | 軽井沢72ゴルフ・南コース »