« 眠庵<瞑庵>(東京・神田、そば) | Main | アンヂェラス(東京・浅草、喫茶) »

並木藪蕎麦(東京・浅草、そば)

 東京メトロ銀座線・浅草駅から雷門交差点に向かい、仲見世通りと反対側に曲がり、しばらくいくと、右側に並木藪蕎麦(東京都台東区雷門2-11-9、03・3841・1340)がある。
Namikiyabusoba01_1
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、

 現在(2005年時点)では、「かんだやぶそば」「並木藪蕎麦」「池之端藪蕎麦」が「藪蕎麦御三家」とされている。
 「かんだやぶそば」は神田須田町にあり、1880年に創業。
 「並木藪蕎麦」は、明治末期に創業し、1913年に浅草雷門前に移転。
 「池之端藪蕎麦」は、1954年に並木藪蕎麦からのれんわけで創業。上野池之端。
 藪蕎麦系列の特徴は、江戸の風情を強く残す、からいそばつゆである。江戸っ子の蕎麦の食べ方は「つゆをちょっとだけつけて食べる」とされているが、そういった食べ方に適している。特に並木藪蕎麦のそばつゆはこの特徴が顕著である。

 とある。
 店に入って、まず蕎麦前(お酒)を注文する。
 お酒は菊正宗の樽酒。熱燗を1本。それと、板わさ、焼海苔、わさび芋(どれも650円)を頼んだ。
Namikiyabusoba02
 群馬県にいるときはクルマでの移動が多く、そば屋でお酒を飲むことはほとんどなかったが、東京ではJRや地下鉄で動いたほうが便利。お酒も飲める。
 寒くなってきたので、熱燗が体にしみる。蕎麦味噌付き。板わさ、焼海苔、わさび芋(とろろいもにわさび)とともに味わう。このシンプルなつまみがいい。
Namikiyabusoba03
 体が温まって、つまみもなくなりかけた頃合に「ざるそば」(650円)を注文する。「かけそば」にも引かれたが、濃いつゆでそばを食べたくて、ざるそばを頼んだ。わさびをそばに少しまぶし、ちょっとだけつゆをつけて食べる。この日は北海道産。「十割そば」だという。
 そば湯を入れても濃いそばつゆで食べるそばは格別。店にいたのはわずかな時間だが、ふだんとは別の時間が流れ、くつろげた。
 木曜定休。営業時間は11:00~19:30。

|

« 眠庵<瞑庵>(東京・神田、そば) | Main | アンヂェラス(東京・浅草、喫茶) »

Comments

蕎麦はもちろんですが、
「わさび芋」がとても気になります。
どんな料理なんでしょうか?
詳しく教えて頂けるとありがたいです。

Posted by: こにタン | 2006.11.27 08:29 PM

本文の記述が間違っていました。単にとろろいもをわさび醤油で食べるだけです。どんな料理かと思いますよね。

Posted by: フーテンの中 | 2006.11.28 12:47 AM

江戸っ子は潔いといわれるわけだけど、焼き海苔に650円、いたわさに650円はさすがに高いなあ。当地だと3杯飲んで、ちょっとしたつまみ頼んで600円とかだから、やっぱり酒飲み天国です。

蕎麦、おいしそうだなあ。

Posted by: 賽目 | 2006.11.30 03:26 PM

まあ3品も頼むからいけないのでしょう。これでそばだけの人よりかなり粘るわけで、そこから割り出した価格と思われます(なんでもかんでも650円くらいだったので)。

Posted by: フーテンの中 | 2006.12.01 09:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 並木藪蕎麦(東京・浅草、そば):

« 眠庵<瞑庵>(東京・神田、そば) | Main | アンヂェラス(東京・浅草、喫茶) »