« 「硫黄島からの手紙」 | Main | 哲也 »

友―チング―(東京・大久保、韓国料理)

  「大久保通り」「職安通り」一帯は韓国料理店が多い。
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、東京都新宿区のコリアタウンは、戦後、いわゆる「ニューカマー」により形成されたコリア・タウン。大久保に在る通称「職安通り」では沢山の韓国系商店が軒を連ねている。2002年の公式統計によれば、東京都在住のコリア系人口は約8万人で大阪府に次いで2番目に多い、とのことだ。
 本場・韓国料理を目指して、友―チング―(東京都新宿区大久保1-7-26、03・3208・4711)に行った。
 昼間は韓国食材などを売る店だが、夜になると、広い店内にテーブルが並べられ、屋台料理の店に変身するらしい。
Chingu003
 焼肉天国.comというサイトのこの店の紹介ページをプリントアウトしていくと、卵茶碗蒸しorトッポキor野菜サラダor水餃子のどれかをサービスしてくれる。下の写真はこのとき注文した水餃子と付き出し。
Chingu002
 ジャガイモチヂミ(1000円)↓
Chingu005
 キムチ盛合せ(750円)↓
Chingu004
 プルゴキ(2500円)↓Chingu001
 韓国からのニューカマーの若者たちが多く、韓国語がよく聞こえる。韓国にいるような感覚になれる店だ。
 1人2000~3000円で満腹。コストパフォーマンスも良い店だ。
 営業時間は午後5時から午前5時まで(日曜日は午前2時まで)。無休。

|

« 「硫黄島からの手紙」 | Main | 哲也 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 友―チング―(東京・大久保、韓国料理):

« 「硫黄島からの手紙」 | Main | 哲也 »