« はかりめ(東京・銀座、あなご料理と燗酒) | Main | 粘った一戦(哲也@東風荘) »

本むら庵荻窪本店(東京・荻窪 そば)

 荻窪に行く用事があり、前から行きたかった「本むら庵」(東京都杉並区上荻2-7-11、03・3390・0325)を訪ねた。創業大正13年の老舗だ。
Honmuraan001
 まずはつまみと熱燗。板わさ、鳥わさ、そば豆腐、たらの芽天ぷらを頼んだ。
 色っぽい徳利だ。
 そば屋で飲む日本酒は、とてもうまい。ワインとチーズが合うように、考え抜かれた組み合わせなのだろう。
Honmuraan002
 小さなおろし金に乗った本わさび。薬味にもこだわる。
Honmuraan003
 葉っぱの形のおしゃれなそばがき。
Honmuraan004
 そばについてはホームページに説明がある。

美味しくそばを食べる条件を「三たて」と言います。
つまり、「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」のこと。
ふつう、手打ちそばを自称するお店なら、
「打ちたて」「茹でたて」は実践しているはずです。
でも、そばの命はとても短いもの。
だから「挽きたて」を満たしていなければ
同じように手でそばを打っても、香りも喉ごしも、
満足のいくそばにはなりません。
そこで、本むら庵は「挽きたて」の原点である
石臼挽き自家製粉にこだわりました。
そのために、石の質や目立てなどをいろいろと変え、
長い時間をかけて、試行錯誤を重ねながら、
試作した石臼はいつのまにか100個にも上りました。
こうして生み出した独自の石臼で、
玄そばを粗く挽 くのが本むら庵のそばの特徴です。
粗く挽けばそば本来の味や香りが出ますが、
そばはつながりにくくなりますから、
11~12月の新そばの季節なら9割そば、
それ以外の時期は1.5~2割ほどのつなぎを使い
ます。本むら庵の、こだわりの石臼挽き自家製粉そば。
そばが本来持っている香りと味を、お一人でも多くの方に
お召し上がりいただければと心より願っております。

 仕上げのせいろそば。薄茶色のそばで、とてもおいしかった。

 火曜定休(祝日の場合は営業)。
 営業時間は午前11時から午後9時30分(ラストオーダーは9時)。30台収容の駐車場もある。

|

« はかりめ(東京・銀座、あなご料理と燗酒) | Main | 粘った一戦(哲也@東風荘) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本むら庵荻窪本店(東京・荻窪 そば):

« はかりめ(東京・銀座、あなご料理と燗酒) | Main | 粘った一戦(哲也@東風荘) »