« 夜桜見物の穴場、CANAL CAFEのデッキサイド(東京・飯田橋、カフェ&バー) | Main | 桐生が岡公園(群馬県桐生市) »

うなぎ小堀(群馬県邑楽郡大泉町)

 久しぶりに群馬県に遊びに行った。チェコに移住、仕事で一時帰国しているM君の温泉旅行に付き合うためだ。
 まず、向かったのが大泉町のうなぎ屋、うなぎ小堀(群馬県大泉町朝日3丁目16-17、0276・62・3134)。
 東松山インターで下り、一般道を太田方面に向かった。
 小堀は創業から100余年の老舗で、地元・大泉では超有名店。群馬にいるときに行けなかったが、前橋から行くのも東京から行くのもそう時間は変わらないので、行ってみることにした。
 Unagi_kobori000
 11時間半の開店前に小堀に着いた。一番乗りだ。
 まずはつまみを頼んだ。
 きも煮(500円)。
Unagi_kobori001
 きもは「きもい」ので苦手だが、味は大変良かった。でもきもいので、大部分はM君に食べてもらった。
 鯉あらい(600円)。
Unagi_kobori002
 こりこりしていておいしかった。臭みはまったくなし。池の魚は一度きれいな水で泥などを取る必要があり、料理までに手間がかかる。鯉のあらいがおいしいので、うなぎも期待感が高まる。
 おつけもの(600円)。
Unagi_kobori003
 きゅうりのぬか漬け、たくあん、奈良漬け、しば漬け、白菜の漬け物、野沢菜など、主要な漬け物がすべて食べられる。すばらしい。
 そして、上うな重<お吸物付>(2900円)
Unagi_kobori004
 程よい脂分、やわらかさ。たれもおいしい。シアワセ。
 鹿児島産のうなぎを使っている。台湾産のうなぎは大きいが脂分が多い。鹿児島産はよく泳がせているのでしまっており筋肉質だという。
 このうなぎを井戸水で生かして、臭みなどを取る。
 勝負は鮮度。うなぎを開いたらすぐに蒸して、無駄な脂をとる。それから焼いてたれをつけて出す。焼いてから蒸す店が多い中、この店は蒸してから焼くそうだ。たれの成分は醤油、砂糖、みりんなどだが、たれは注ぎ足し注ぎ足してきたたれ。うなぎをたれにたくさんつけるので、たれはアミノ酸をたくさん含み、おいしくなるという。

 渡良瀬川が流れる両毛地域は川魚をよく食べていたため、川魚料理のおいしい店は多いらしい。両毛地域を訪れたときはぜひ立ち寄りたい店だ。
 木曜・第3日曜日定休。営業時間は午前11時半~午後2時、午後5時~7時半。

|

« 夜桜見物の穴場、CANAL CAFEのデッキサイド(東京・飯田橋、カフェ&バー) | Main | 桐生が岡公園(群馬県桐生市) »

Comments

うなぎ、うまかったねえ。漬け物もうまかった。いま振り返ると、いっしょに過ごした時間はなんだか天国にいるような記憶だよ。

Posted by: 賽目 | 2007.04.14 12:09 PM

当店に対するエントリー、誠にありがとうございました。
お近くにお寄りの際は、是非またお越しくださいませ。

当店サイトも作成しましたので、もしよろしければご覧くださいませ。

「うなぎ小堀」
http://unagi-kobori.com/

Posted by: うなぎ小堀 | 2008.03.18 02:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference うなぎ小堀(群馬県邑楽郡大泉町):

« 夜桜見物の穴場、CANAL CAFEのデッキサイド(東京・飯田橋、カフェ&バー) | Main | 桐生が岡公園(群馬県桐生市) »