« 新軽井沢 | Main | 個性ある専門店がにぎわい作る・旧軽銀座 »

旧軽井沢・聖パウロカトリック教会

 雲場池から、旧軽井沢に向かった。1キロほど歩いて聖パウロカトリック教会に到着。
Karuizawa070504_002seipaurokatorikkukyok
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の説明。
 聖パウロカトリック教会(せい-きょうかい)は、長野県北佐久郡軽井沢町にある教会。
 1935年(昭和10年)英国人ワード神父により設立。米国建築学会賞を受賞したアントニン・レーモンドが設計を担当。名建築として軽井沢の中でも代表的な教会で、傾斜の強い三角屋根、大きな尖塔、打ち放しのコンクリートが特徴。内部は木がむき出しのエックス型のトラス構造。 堀辰雄の小説「木の十字架」にも登場し、「聖パウロ教会で結婚すると多くの人たちから祝福される」との言葉を残している。ここで結婚式をあげるカップルも多く、西郷輝彦と辺見マリ、林隆三と青木一子、林正和と森山加代子、吉田拓郎らもここで挙式した。
Karuizawa070504_002seipaurokatorikkukyok_1
 中に入る。とても静か。ひんやりしていて、神の気配を感じた。
 ただ、静かな軽井沢はここまで。
 これからは世俗的な軽井沢の世界にどっぷり浸かる。

|

« 新軽井沢 | Main | 個性ある専門店がにぎわい作る・旧軽銀座 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 旧軽井沢・聖パウロカトリック教会:

« 新軽井沢 | Main | 個性ある専門店がにぎわい作る・旧軽銀座 »