« 成田ゴルフ倶楽部(成田ゴルフ倶楽部) | Main | 伊香保カントリークラブ »

古拙(東京・銀座、日本料理、そば、うどん)→閉店し、「流石本店」に

追記2011.11.28)実は「蕎麦 流石」に行ったら、流石が「銀座うどん 琳」という店に変わっていて、しかも月曜定休という。流石本店は店の場所が移ったというので、行ってみたら、古拙のあった場所。古拙は昨年8月末に閉店していたようだ。
 流石に変わったものの、内装も、テーブルも椅子も変わっていないように見えた。 「朴念仁」つながり。何も直す必要はないと考えたのかもしれない。

Sasugahonten

 電話番号は03・3567・0012。移転前の流石の番号だ。
 日曜・祝日が休みになった。


◇   ◇   ◇
 伊豆「朴念仁」を営んでいた石井仁氏が相棒に店を任せ、銀座にコースの日本料理を供する「古拙」(中央区銀座2-13-6 東二ビル2F、03・3543・6565)を2005年9月に出店した。朴念仁のそばは、同店で学んだという流石でも食べられるが、本家本元の石井氏の店ということで行ってみた。
 今回は昼の時間帯。
 昼はそばやうどんが食べられる。
 夜はおまかせコースが1万円、蕎麦懐石のコースが5000円。ワイン赤白それぞれ15種類、シャンパン30種類以上を揃えているという。平均予算は1万5000円という。

Kosetsu001
 古拙の文字が印象的な入り口。
Kosetsu002
 店内はゆっくりくつろげる佇まい。

 蕎麦膳(1575円)を頼んだ。日替わりの季節のつゆ蕎麦(小椀)と、もり蕎麦、小鉢2種類付き。
Kosetsu003
 小鉢。
Kosetsu004
 つゆ蕎麦。
Kosetsu005
 もり蕎麦。
 量は決して多くないが、独特の細い麺がおいしい。

 古鉄丼(1680円)もちょっと気になった。
 本鮪を使った鉄火丼。限定5食。もりうどん、またはかけうどん(小サイズ)、小鉢2種類付き。

 そばの達人はうどんに目覚めたようで、うどんのメニューが多かった。次は食べてみたい。
 古拙うどん
 もりうどん、又はかけうどん(生姜、葱、桜海老の揚げ玉とお召し上がりください) 1050円
 ごま汁うどん(あっさりごま味のつけうどん) 1155円
 きざみきつね(葱とお揚げの温かいうどん) 1155円
 ぶっかけうどん(辛味大根、葱、胡麻、温玉) 1260円
 鴨葱うどん(温かい汁のつけうどん) 1365円
(全て、小鉢2種類付き)

 一膳ごはん(漬物付き) 315円

 日曜定休、営業時間は11:30~13:30(L.O) 18:00~20:00(L.O)。

|

« 成田ゴルフ倶楽部(成田ゴルフ倶楽部) | Main | 伊香保カントリークラブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 古拙(東京・銀座、日本料理、そば、うどん)→閉店し、「流石本店」に:

« 成田ゴルフ倶楽部(成田ゴルフ倶楽部) | Main | 伊香保カントリークラブ »