« 唐沢鉱泉(長野県茅野市) | Main | 高山ゴルフ倶楽部(群馬県高山村) »

八ヶ岳・天狗岳

 唐沢鉱泉で「ぬるくてもいいから」ということで朝6時半ごろから風呂に入らせてもらい、7時に朝食。昼食のお弁当を作ってもらい、水筒に水を入れて7時半過ぎに宿を出た。
Tengudake070901_001
 宿のすぐ近くが登山口。西尾根から第一展望台、第二展望台を経て、西天狗岳と東天狗岳に行き、下山。黒百合平を通って渋の湯まで行き、そこからバス、というコースだ。
Tengudake070901_002
 宿の左手が登山口。
Tengudake070901_003
 なだらかな坂が続く。
Tengudake070901_004
 白樺の林。
Tengudake070901_005
 9時25分に第一展望台に到着。霧で視界が悪い。けれどもこれもまた、山らしい風景とも言える。
Tengudake070901_006
 冷気が昇ってくる。天然のクーラーだ。
Tengudake070901_007
 第二展望台も真っ白な世界だった。
Tengudake070901_008
 山頂に近づくと大きな岩がたくさんあり、岩をよじのぼる。ハイマツが一面に群生している。
Tengudake070901_009
 岩をのぼり切ったところが頂上かと思うと、さらにまだ道があり、くじけた。しかし、10時45分、なんとか山頂に到達。2646m。
Tengudake070901_010
 いつもならここで昼食なのだが、朝ごはんを食べ過ぎておなかが減らない。すぐに向こうに見える東天狗岳に行くことにした。
Tengudake070901_011
 東天狗岳は縦走路にあるので人も多い。硫黄岳、赤岳と縦走すると、「八ヶ岳を登った」と胸を張って言えるのだろう。今回は八ヶ岳の初級者コースだ。
Tengudake070901_012
 東天狗岳。
Tengudake070901_013
 東天狗岳から見た西天狗岳。
Tengudake070901_014
 一瞬、霧が晴れ、硫黄岳が見えた。
Tengudake070901_015
 渋の湯に向け、11時55分に下山開始。途中も岩が多く、猿のように岩から岩へ飛び移った。
Tengudake070901_016
 足の親指の皮がむけそうになり、膝が痛くなってきたが、黒百合平の黒百合ヒュッテが見えてきた。
 黒百合ヒュッテに12時50分着。ここでトイレ休憩&昼食。
Tengudake070901_017
 Mさんによると渋の湯のバスは最終が午後2時55分という。下山を急ぐが、岩が多く滑るので難儀した。
Tengudake070901_018
 渋の湯に浸かりたい気もしたが、バスが見える。2時48分発。55分というのはMさんの勘違い。バスの発車時間ちょうどに渋の湯に着き、無事バスに乗る。

 八ヶ岳観光協会によると、長野県と山梨県の県境に南北約30キロにわたり峰を連ねるのが八ヶ岳。夏沢峠から南、硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳・権現岳を経て編笠山までを南八ヶ岳と称している。夏沢峠から北、大河原峠までを北八ヶ岳と呼ぶ。天狗岳は北八ヶ岳。八ヶ岳では赤岳とともに多くの登山者が訪れる人気の山という。
 同協会のホームページには、「八ヶ岳の『八』って?」というコラムがある。以下引用。
 富士山よりも高かった八ヶ岳が、富士山の神に叩かれた結果、8つの峰が誕生したといわれる八ヶ岳。・・・・・その8つの峰とはどこを指すのだろうか。深田久弥は著書「日本百名山」のなかで、「西岳・編笠山・権現岳・赤岳・阿弥陀岳・横岳・硫黄岳・峰ノ松目」としている。地元では西岳と峰ノ松目の代わりに天狗岳と北横岳を入れている。現在では「八」とは漠然と多数を表しているというのが一般的な見方のようだ。

|

« 唐沢鉱泉(長野県茅野市) | Main | 高山ゴルフ倶楽部(群馬県高山村) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八ヶ岳・天狗岳:

« 唐沢鉱泉(長野県茅野市) | Main | 高山ゴルフ倶楽部(群馬県高山村) »