« 久しぶりのソフトボール | Main | 池之端藪蕎麦(東京・池之端、そば) »

カワハギとヤリイカを味わう

 25日の夜もカワハギとヤリイカを味わった。
 カワハギといえば、刺身のキモあえ。
 作り方(つり情報編集部編「カワハギ情報」)は
(1)ツノの後ろの硬い骨を避け、少し斜めに包丁を入れて、中骨を切ったところで止める。
(2)頭と胴体を割るようにして二分する。
(3)頭に残ったキモはすくいとるように丁寧に取り出す。この時、黒い苦玉を潰さないこと。
(4)硬い外皮は胴体の切り口から身と皮の間に指先を入れ、軽く引っ張るときれいにむける。
(5)五枚おろしにし、舌触りをよくするため薄皮を取る。
(6)キモは裏ごし器と木じゃくしを使ってこして、キモに味噌と醤油を混ぜ、隠し味としておろしわさびを少々加えて身とからめる。
Kawahagi001
 刺身が濃厚な味になる。

Kawahagi002
 カワハギの煮付け

Yariika001
 ヤリイカの刺身
 イカは釣った後、水や氷に直接触れると変色してまずくなるらしい。今回はごみ袋を3重くらい重ねて持って帰ってきたので、味は落ちていなかった。本当においしい。

|

« 久しぶりのソフトボール | Main | 池之端藪蕎麦(東京・池之端、そば) »

Comments

イカもカワハギもおいしそうですねえ。肝も好きになってきましたか?

Posted by: 賽目 | 2007.12.11 03:17 PM

肝はあまり好きじゃないんですが、たれだと思って食べたらうまかった。

Posted by: フーテンの中 | 2007.12.15 02:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カワハギとヤリイカを味わう:

« 久しぶりのソフトボール | Main | 池之端藪蕎麦(東京・池之端、そば) »