« 江戸東京博物館開館15周年記念特別展「北斎~ヨーロッパを魅了した江戸の絵師」 | Main | 甘味処 三味讃歌(東京・墨田、甘味)=閉店 »

ちゃんこ道場両国駅前店(東京・墨田、ちゃんこ鍋)

 江戸東京博物館の特別展「北斎」で感動した後、すぐ近くのちゃんこ道場両国駅前店(東京都墨田区横網1-3-12、03・5624・3655)に行った。

ちゃんこ道場両国駅前店
 「いわいどり・つくね・つみれ・魚介が入った当店自慢のちゃんこ」と店がイチオシしている横綱ちゃんこ(1人前2500円)を頼んだ。
Chankodojo20080105_01
 4人で行ったが、近くの人の注文を見て2人前にした。1人前というのは力士1人前のようだ。量が多い。
Chankodojo20080105_02
 スープがおいしい。つみれ、つくねがおいしかった。満足。
 両国散歩BLOGによると、「本店のほか、両国駅前に1店、お隣の錦糸町駅前にも1軒、寿司とちゃんこを楽しめる店も1軒と、チェーン展開している『ちゃんこ道場』。だが、いわゆるチェーン店の味気なさとは対極の、本格ちゃんこの店だ。『ウチは相撲取りがやってる店ではありませんが、味と値段で勝負です』と社長の伊藤精一郎さんが語る通り、質、量ともに下町らしい充実ぶり。(中略)ちゃんこ以外の楽しみも多い。気軽に寄れる店」とのこと。同BLOGには社長の「毎日、築地へ出かけて、自分の目で魚を選んでます。安くても、味は最高です」というコメントも紹介されている。
 横綱ちゃんこ以外には以下のちゃんこ鍋がある。
 とりちゃんこ(岩手県平泉の地鶏「いわいどり」を使った最もポピュラーなちゃんこ、1800円)
 つくねちゃんこ(「いわいどり」をつくねにした風味たっぷりのちゃんこ、1800円)
 つみれちゃんこ(良質のいわしを使った手造りのつみれちゃんこ、2000円)
 鴨ちゃんこ(フレッシュな鴨肉をふんだんに使った贅沢なちゃんこ、2300円)
 さかなやちゃんこ(魚介類がふんだんに入った本格派ちゃんこ、2800円)
 老舗とか旧相撲部屋といった「観光」面にこだわらなければ駅にも近く、おススメだ。
 営業時間は11:30~23:00。年中無休。
 年末年始は休みのちゃんこ店が多い中で、いつでも開いているのもいい。

|

« 江戸東京博物館開館15周年記念特別展「北斎~ヨーロッパを魅了した江戸の絵師」 | Main | 甘味処 三味讃歌(東京・墨田、甘味)=閉店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちゃんこ道場両国駅前店(東京・墨田、ちゃんこ鍋):

« 江戸東京博物館開館15周年記念特別展「北斎~ヨーロッパを魅了した江戸の絵師」 | Main | 甘味処 三味讃歌(東京・墨田、甘味)=閉店 »