« 行く場所がない(-"-)群馬の年末 | Main | ビフテキ家あづま(東京・新宿、洋食) »

謹賀新年(Yahooのトップ画面が変わった)

 何もしない正月。過去3年はどうしていたのだろう。
 2005年。夜、群馬に戻って、夜の県庁舎に「ファイト」の文字が浮びあがっているのをリポートした。NHKの朝の連続テレビ小説「ファイト」がこの年、始まるのに合わせて、群馬県民もファイト!ということだったと思う。NHKのファイトはバネの工場が経営不振で一家離散というテーマだったので「暗すぎる」と群馬県の特に中小企業の経営者に不評。視聴率は低かったが、朝からなかなか骨のあるテーマで、私は好きだった。高崎競馬がなくなったのに主人公が競馬に生きるという設定もブラックユーモアでよかった。
 2006年。1日、群馬で過ごしてニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝)を生で見た。疾風のように走る選手たちが印象的だった。「ファイトに続く」正月のイルミネーションは「夢」。このイルミネーション、まだ続けているのだろうか?
 2007年。テレビでニューイヤー駅伝を見た。小寺前知事がスターター。小寺氏は五選を狙ったが落選。今年は大澤氏がスターターを務めたのだろう(寝坊してスタートは見なかった)。知事選では大澤陣営の選挙対策本部長を現首相の福田康夫氏が務めた。福田氏は知事選勝利の運をその後まで持ち続けた。
 ブログで何を書いていきたいか、編集方針(そんな大そうなものではないが・・・)のようなものも語っている。
 さて、今年は?
 どこかへ出かけようか・・・。どこへ?
 とりあえずyahooを見て考えようと、yahooのトップページを見て驚いた。すっかり画面が変わっている!カテゴリーがごちゃごちゃ並ぶまさにyahooらしい画面を捨てている!
Yahoojapan20080101gemen
 リニューアルのポイントが10あると説明している。
(1)使いたいサービスへ:あなたのお気に入りのサービスを5件まで選び、常にトップページに表示させておけます。
(2)最新ニュース:主なニューストピックスに加え、「経済」「エンタメ」「スポーツ」「その他」のジャンル別に、あなたの今すぐ見たい、知りたいニュースをチェックできます。
(3)気になるネタ:Yahoo!JAPANのスタッフがさまざまな情報をピックアップ。毎日数回更新されます。
(4)おすすめ商品:ショッピングやオークション、旅行やチケットなど、ネットで購入できる商品をご紹介します。
(5)クチコミ・投稿ネタ:お客さまから発信された、耳寄りの情報をお届けします。
(6)ここから検索:従来の検索窓よりも大きくなり、使いやすくなりました。ウェブサイトの検索に加え、「画像」「辞書」「地図」など、目的にあわせてさまざまな検索ができるので、探したい情報に、より簡単にたどりつけます。
(7)あなたの好きな色に:トップページの色を6パターンから選べます。右上の部分にあるカラーチップをクリックするだけで、あなたの好きな色に変更できます。
(8)信頼できる情報源:「カテゴリ一覧」をクリックすると、検索機能を使わなくても、カテゴリごとにYahoo!JAPANのスタッフが選んだ良質なサイトを探せます。カテゴリは常に更新されています。
(9)あなたの”今日”がわかる:メールのチェックはもちろん、その日の予定、天気、占いなど、毎日の暮らしに役立つ情報をまとめて見られます。
(10)あなたの地域情報:地域を指定すると、そのエリアで行われるイベントやクーポンのあるお店など、地元の情報が得られます。

 (8)にあるように、従来のカテゴリー画面も右上のボタンを押すと出てくる。これまで手がけていたサービスを初
心者にも分かりやすく整理したという感じで斬新なサービスは見つからない。Googleの勢いが強く、Yahoo!JAPANのスタッフやクチコミ、投稿などの人的要素をアピールしているのが印象的。正直言って「なんか普通のサイトになってしまった」感じ。
 Googleに行ってみよう。
 何も変わっていない。シンプル・イズ・ベスト。機能で支持を集めるGoogleとWeb1.5くらいのサービスで戦わざるを得ないYahoo!もうGoogle優位の流れは変わらないのだろう。

 追記:広告の専門家によると、今回のリニューアルでYahoo!は動画広告など大きなサイズの広告が展開できるようになり、広告は好調らしい。一方のGoogleは、個々の数は売れないが、集めると大きな数になる「ロングテール」市場を活性化した役割は大きいが、なかなか日本の産業界には食い込めないらしい。素人の実感とプロの見方は違うものだと思った。 

|

« 行く場所がない(-"-)群馬の年末 | Main | ビフテキ家あづま(東京・新宿、洋食) »

Comments

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。
県庁のイルミネーションですが、今年はなくなりました。前知事時代は県庁でのイベントがたくさんありましたが、これからは縮小傾向が続くと思われます。
公営の美術館・博物館は年末年始はどこも休みですね。公営の施設がその地域の観光の核になっているところもあるので、ちょっと考えた方がよいですね。
富岡製糸場については、三が日は解説が付きませんが開場していますので、お時間があれば是非どうぞ(^^)


Posted by: こにタン | 2008.01.01 05:13 PM

おめでとうございます。群馬県は宿泊で行くには良い県なのですが、ちょっと行くには観光スポットが少ないなと、「東京の人」になってみると感じます。東京市場を抱えてそこそこ食べられる県なので、温泉地以外はあまり観光に関心がないのかもしれませんね。

Posted by: フーテンの中 | 2008.01.01 09:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 謹賀新年(Yahooのトップ画面が変わった):

« 行く場所がない(-"-)群馬の年末 | Main | ビフテキ家あづま(東京・新宿、洋食) »