« 釣りの修行―糸の結び方 | Main | テアトルタイムズスクエアで『レンブラントの夜警』を観る。 »

レストラン七條(東京・神保町→内神田に移転、洋食)のハヤシライス

 dancyu2007年8月号の200号記念大特集「ニッポンの名店」の「しあわせの『ご飯』」のコーナーで紹介されていたレストラン七條(千代田区一ツ橋2-3-1 小学館ビルB1F(小学館ビルの立て替え工事に伴い2013年に、東京都千代田区内神田1丁目15-7 AUSPICE内神田1階に移転)>、 03・3230・4875)の「ハヤシライス」(1700円)を食べに行った。
 一度、昼に訪ねたのだが、ハヤシライスは夜だけのメニュー。
 コース料理(アミューズ、前菜、エビフライ、主菜、デザート、コーヒー又は紅茶、4500円)もあるが、お目当ての「和牛テールのハヤシライス」(1700円、1/2 950円)を頼んだ。ビーフカレーが950円だから、いかにリッチなハヤシライスであるかが分かる。
Restaurant_shichijo080204
 ハヤシソースを自分でかけて撮影したので、イマイチの写真だが、ワインの風味の強い濃厚な味のハヤシライスだった。
 danchuを引用しよう。
 「80年代前半にパリのフランス料理界を席巻した料理がある。当時、パリで最も注目されていた料理人、ベルナール・パコーの手になる牛テールの赤ワイン煮である。(中略)このハヤシライスは、そのフレンチの赤ワイン煮込みがベースである。赤ワインでマリネした肉を煮込んで、ソースに照りが出るまで詰めていく。それに洋食の定番、ドミグラスソースを加え、さらに丁寧に炒めて甘味を引き出した玉ねぎを合わせて仕上げる。フランス料理も洋食も供する、このレストランならではの一皿なのである」。
 日本の洋食を作った店日本酒に合う洋食の店など最近、洋食店を巡ったが、この店はワインの似合う洋食店だ。
 営業時間は11:30~14:00、18:00~20:00(土曜は11:30~14:00のみ)。
 日曜、祝日休み。

|

« 釣りの修行―糸の結び方 | Main | テアトルタイムズスクエアで『レンブラントの夜警』を観る。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レストラン七條(東京・神保町→内神田に移転、洋食)のハヤシライス:

« 釣りの修行―糸の結び方 | Main | テアトルタイムズスクエアで『レンブラントの夜警』を観る。 »