« 太平洋クラブ市原コース(千葉県市原市) | Main | まじめにレッスン »

ちょい干してっ平(東京・神楽坂、和食と焼酎)

ちょい干してっ平
 神楽坂・毘沙門天の向かい側の狭い路地を入ると左側にちょい干してっ平(東京都新宿区神楽坂4-2-30、03・3269・5456)がある。
Choiboshiteppei080424_000
 六本木の串焼 がんちゃんや神楽坂の串焼てっ平(東京都新宿区津久戸町3-5、03・3235・1468)の姉妹店。串焼きもいいが、「ちょい干し」というのがぐっとくる。
Choiboshiteppei080424_005
 壁いっぱいに焼酎の瓶。それとちょい干しの魚というのが、シンプルだが酒飲みにはうれしい取り合わせだ。
 ちょい干しとはちょっとだけ干した魚。少しだけ干す事により、必要最低限の水分を抜くので味が凝縮されておいしくなるという。
Choiboshiteppei080424_001
 梅酒も豊富で、まず「きき梅酒3種セット」を頼む。梅酒2種とぶどう酒(丹波深山)のセットだった。
Choiboshiteppei080424_003
 焼酎は、宮崎県の酒造メーカー・黒木本店が発売している麦焼酎、「百年の孤独」。
 なかなか飲めない焼酎がたくさんある。
Choiboshiteppei080424_004
 いいにおいがしてくる。
Choiboshiteppei080424_002
 この日、頼んだのはマイワシの塩干し。酒に合う。
Choiboshiteppei080424_006
 ちょい干し以外にも庶民的なつまみがたくさんある。写真は「自家製コロッケをまずはソースをつけずに。」これがメニューの名前(笑)。
Choiboshiteppei080424_007
 「三時間練り上げたさつま揚げ(自家製)」。
Choiboshiteppei080424_008
 「ヌカ漬盛り合わせ(ばぁば50年のぬか床)」。
Choiboshiteppei080424_009
 野菜焼も売り物。大きな茄子を焼いてもらった。

 一人で来てもいいし、親しい友人と来るのも楽しい。まさに隠れ家的飲み屋だ。
 営業時間は月~木・土 17:30~24:00(L.O.23:00)、金 17:30~03:00(L.O.02:30)。日・祝定休。

|

« 太平洋クラブ市原コース(千葉県市原市) | Main | まじめにレッスン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちょい干してっ平(東京・神楽坂、和食と焼酎):

« 太平洋クラブ市原コース(千葉県市原市) | Main | まじめにレッスン »