« これぞ中華の本領! チャイナハウス龍口酒家(東京・幡ヶ谷、中華) | Main | 今年初めてのソフトボール・全力疾走は気持ちいい »

高はし(東京・荻窪、そば)

 群馬県にいた時に最も堪能したのがせきざわのそば。長野・小布施に引っ越したせきざわが月刊pen2006年6月1日号の特集「職人のそば屋へ。」に紹介されていてうれしかった。
 せきざわを取り上げている特集なら間違いないだろうと、この号は大事にとってある。
 この特集で取り上げている店で行ったのは、古拙玉笑眠庵手打ち蕎麦 成冨蕎楽亭。そして、今回、高はし(杉並区荻窪2-30-7、03・5397・0118)に行った。
 荻窪駅からちょっと遠いが、うまいそばを食べるためなら苦ではない。
高はし

 月刊penの特集によると、店主の高橋英夫さんは本むら庵で修行。1992年に独立して「高はし」を開店したという。
 まずはそば前。
Takahashi080411_001
 ビールを頼むと、揚げ蕎麦が突き出しで出てきた。これで結構おなかがふくらむ。
Takahashi080411_002
 板わさ(600円)。
Takahashi080411_003
 卵焼き(600円)。
Takahashi080411_004
 そば豆腐(600円)。
Takahashi080411_005
 穴子にこごり(800円)。
 友人と二人。ゆっくりくつろいで話ができるのがそば屋の良いところ。
 仕上げに、せいろ(900円)を頼んだ。
Takahashi080411_006
 細い、洗練された10割そば。わさびではなく大根おろしが薬味。
 地元に愛されているそば屋さんなのではないか。年配の男性が一人で次々にやってきて、そばを食べていた。
 こんな店が近所にあると楽しいだろう。
 営業時間は11:30~14:00、17:30~20:00。水曜・第4木曜定休。

|

« これぞ中華の本領! チャイナハウス龍口酒家(東京・幡ヶ谷、中華) | Main | 今年初めてのソフトボール・全力疾走は気持ちいい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高はし(東京・荻窪、そば):

« これぞ中華の本領! チャイナハウス龍口酒家(東京・幡ヶ谷、中華) | Main | 今年初めてのソフトボール・全力疾走は気持ちいい »