« ホクホク北海道・cafe FOX(斜里町、ファーストフードなど) | Main | ホクホク北海道・自然体験1日コースその2「ヒグマの冬眠穴」 »

ホクホク北海道・自然体験1日コースその1「フレペの滝遊歩道」

 2日目は知床の大自然を満喫しようと思い、知床ネイチャーオフィス(北海道斜里郡斜里町ウトロ東365、0152・22・5041)の自然体験1日コース(8:30~17:00)を申し込んだ。1万1000円(昼食含む)で、自然解説員が知床の自然を丸1日をかけてじっくりと案内してくれる。設定期間は4月26日から10月31日まで。
Shiretoko080622_004
 8時過ぎに、知床ネイチャーオフィスの人が、しれとこ自然村まで迎えに来てくれた。知床ネイチャーオフィスはしれとこ自然村がある高台をおりて、国道に出る手前にあった。
Shiretoko080622_003
 8時30分に事務所集合。参加するのは板橋区のKさん一家3人(年配のご夫婦とご長男)と私の4人。今日、ガイドをしてくれる自然解説員の西尾朋高さん(ガイド歴10年目)が出発前に、1日の計画と注意事項などを説明してくれた。
 今日は知床自然センターを拠点に、フレペの滝遊歩道(約2km)、ヒグマの冬眠穴(約1km)、原生林(約3km)を回る。双眼鏡を借りて、出発。

 知床自然センターからフレペの滝まで歩く。途中、ガイドの西尾さんが、いろいろ説明してくれる。鳥がいると、双眼鏡でバードウオッチング。一人で歩いていたら、何も分からず通り過ぎていただろう。
Shiretoko080622_005
 イタヤカエデ。mapleはカエデ科の植物およびその材木。メープルシロップといわれるくらい、樹液に糖分を蓄えており、凍らない。
Shiretoko080622_006
 シカが食べた跡。シカは新芽や木の皮、枝先、葉などを食べる。シカが好きなのはキハダ、ハルニレ、ナナカマド、ノリウツギなど。
Shiretoko080622_007
 けものみち。
Shiretoko080622_008
 この冬、シカが食べた跡。
Shiretoko080622_009
 シカに食べられると木は弱り、虫の棲み処になる(横の線)。それを狙ってキツツキが木をつつく。
Shiretoko080622_010
 ツタウルシ。かぶれるので注意。
Shiretoko080622_011
 ハリギリに絡むツタウルシ。
Shiretoko080622_012
 ホウの木。葉はホウバ。版木やゲタに使われる。
Shiretoko080622_013
 自然草原。木が生えずに草原になった。
Shiretoko080622_014
 カシワの木。風に強い。
Shiretoko080622_015
 風を直接受ける木ほど背が低い。
Shiretoko080622_016
 フレペの滝。看板にあった説明によると、「この滝は、知床連山に降った雪と雨が地下水にとなって浸透し、切り立った約100メートルの断崖の割れ目から、流れ落ちています。ホロホロと流れ落ちる様が涙に似ていることから、別名『乙女の涙』とも言われています」。
Shiretoko080622_017
 このあたりの野生のシカは人とは一定の距離を保つものの、あまり人間を恐れない。
Shiretoko080622_018
 知床自然センターに戻る草原の道。シカは食べる→反芻する→寝るを繰り返す。
Shiretoko080622_019_2
 ヤマブドウ。クマの好物。
Shiretoko080622_020
 銀ラン。

|

« ホクホク北海道・cafe FOX(斜里町、ファーストフードなど) | Main | ホクホク北海道・自然体験1日コースその2「ヒグマの冬眠穴」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ホクホク北海道・自然体験1日コースその1「フレペの滝遊歩道」:

« ホクホク北海道・cafe FOX(斜里町、ファーストフードなど) | Main | ホクホク北海道・自然体験1日コースその2「ヒグマの冬眠穴」 »