« ホクホク北海道・自然体験1日コースその3「原生林」 | Main | 草津温泉・望雲に泊まる(1) »

蕎亭大黒屋(東京・浅草、そば)

Kyoteidaikokuya08064_001
 久しぶりの浅草。ただ、今日、行くのは、にぎやかな雷門側ではなく、浅草寺の裏手にある蕎亭大黒屋(東京都台東区浅草4-39-2、03・3874・2986)。

蕎亭大黒屋

 ご主人は「一茶庵」の創始者、片倉康雄氏の直弟子。
 浅草に着いてから電話をすると「そばが切れて打っているので、すぐにはそばは出せない」とのこと。初めはお酒なので構わないと思い、店に向かった。
Kyoteidaikokuya08064_002
 浅草の裏通りは初めて。言問通りの北。千束通りと柳通りの間。郵便局「浅草四局」の近くに店はあった。
Kyoteidaikokuya08064_003
 メニューは扇子。扇子に限らず、店内はとても上品なセンスでまとめられていた(駄洒落でなく(^^ゞ)。
Kyoteidaikokuya08064_004
 冷酒は人気銘柄はほとんどある。鉄瓶で供される。粋。
Kyoteidaikokuya08064_005
 そばやきみそ(550円)
Kyoteidaikokuya08064_006
 やきのり(550円)。
Kyoteidaikokuya08064_007
 そばがき(1700円)。器もいいし、練り加減もよく、とてもおいしかった。
Kyoteidaikokuya08064_008
 せいろ(1200円)。壁にかけてある昔のメニューは田舎そばなどもあったが、今はせいろのみ。
 せいろが出たところでご主人も登場。茨城県産の十割そばだという。
 薬味は葱と大根おろし。わさびはそばの香りを消してしまうので使わないそうだ。
 「僕は葱も入れません」と言うと、「そうそう。葱はそば湯を入れた時に入れればいい」と教えてくれた。
 そばの太さはこのくらいが好き。おいしいそばだった。
 年配のご主人と女将さんの二人で切り盛りしている。そのため、メニューによっては時間がかかる。
 でも女将さんはいつも早足だし、「遅くて申し訳ありませんね」と恐縮することしきり。一生懸命やっている。
 ゆっくり浅草の夜を楽しめる、心と時間に余裕のある人だけが訪ねるべき店だろう。
Kyoteidaikokuya08064_009
 絶品の緑茶を飲めば、この店のもてなしの気持ちが確かなのが分かる。
 営業時間は正午から午後2時まで、午後5時から10時まで。
 日曜、月曜定休。

|

« ホクホク北海道・自然体験1日コースその3「原生林」 | Main | 草津温泉・望雲に泊まる(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蕎亭大黒屋(東京・浅草、そば):

« ホクホク北海道・自然体験1日コースその3「原生林」 | Main | 草津温泉・望雲に泊まる(1) »