« ホクホク北海道・セセキ温泉(羅臼町) | Main | ホクホク北海道・丸大あべ商店(道の駅知床・らうす深層館、海産物販売) »

ホクホク北海道・食事処 鰍(羅臼町、寿司・和食)

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、羅臼町(らうすちょう)は、道東、根室支庁管内の目梨郡にある町。知床半島の南東半を占めており、根室海峡を隔てて国後島と向き合う。町名の由来は、アイヌ語の「ラウシ」(低いところ・獣の骨のあるところ)から。漁業従事世帯が総世帯の3分の1を占める漁業の町。スケソウダラ、昆布、鮭、イカ、ウニなどが獲れる。特に羅臼コンブは有名。
 漁業が盛んな港町。昼食は「まっぷるマガジン 知床・阿寒2009」で紹介していた食事処 鰍(かじか、北海道目梨郡羅臼町本町、0153・87・2818)でとった。
Shiretoko080621_018
 寿司を握ってもらった。
Shiretoko080621_013
 サメガレイのエンガワ。サメガレイはカラフト、千島、朝鮮半島、中国と北日本を中心とするわが国に分布する。体長35cm余。北日本に分布するカレイ・ヒラメ類の中では特に深い水域に生息する部類に属し、水深200~500mで漁獲されるという。
Shiretoko080621_014
 ウニ。 
Shiretoko080621_015
 メンメ(キンキ)。オホーツク海の水深1000mくらいの深海に生息する魚。体色は鮮やかな赤色。
Shiretoko080621_017
 タラバガニの内子。

 オホーツクの味がした。
 営業時間は11:00~21:00。第1・3月曜定休(祝日の場合は翌日休み)。

 店のご主人に魚介類のおいしい店を紹介してもらった。道の駅知床・らうす深層館の「丸大 あべ商店」だ。

|

« ホクホク北海道・セセキ温泉(羅臼町) | Main | ホクホク北海道・丸大あべ商店(道の駅知床・らうす深層館、海産物販売) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ホクホク北海道・食事処 鰍(羅臼町、寿司・和食):

« ホクホク北海道・セセキ温泉(羅臼町) | Main | ホクホク北海道・丸大あべ商店(道の駅知床・らうす深層館、海産物販売) »