« インドレストラン マンダラ(東京・神保町、インド料理) | Main | 日高カントリー倶楽部 »

ノーザンカントリークラブ 錦ヶ原ゴルフ場(埼玉県さいたま市)

 高校の同期会ゴルフでノーザンカントリークラブ 錦ヶ原ゴルフ場(埼玉県さいたま市西区塚本町2-22-1、048・624・5651)なの花コースをラウンドした。
 このゴルフ場はゴルフのデビューコース。進歩したところを見せられるか。
Northern_country_club_nishikigahara
 アウトは2882ヤード(パー353444435)、インは3005ヤード(パー345434455)。
 変則コースで、インは12番からのスタート。この日はスループレーだったので、18番が終わるとすぐに船に乗って中洲に行き、1番から11番までプレーした。相変わらず、ティーショットは左方向に押さえつけるような伸びのない球ばかりが飛び、初めは乗れなかったが、14番ショートでニアピンになってバーディーを取ったあたりからドライバー以外とパットはまずまずの調子に。7番でティーショットがOBラインのやや外側に行き、OBだったが、OBはこれだけ。
 +4が2回、+3が2回と相変わらず乱れるホールはあったものの、バーディ3回、パー3回を取り、久しぶりに90台で回れた。
 スコアはイン12番から、+3+1-1+3+1+1-1。パット数は2211211。
 1番から0+1+1+1+4+0+4+0-1。パット数は222222221。
 11番から+2+1。パット数は22。
 結局アウト45、イン47の92だった。新ぺリア方式でHDCPは20.4。
 高校のコンペは一番楽しく回れる。調子もこれをきっかけに上がるといいのだが。

 夜、ドライバーが左に行く点を直すため、練習場に行き、プロにレッスンを受けた。
 理由の一つは、クラブがかぶさって球に当たっていた。グリップと、バックスイングを矯正する必要がある。
 もう一つは同期のH君にも指摘されたが、腰がスエーする(左右に動く)。
 しっかり膝を曲げ、下半身は固定し、腰から上を回すのが正解だが、これが出来ない。
 クラブを鉄棒をするときのように持ち、前から、右を向く。その姿勢からクラブを立てると正しいバックスイングの形になる。ボールをしっかり見ようとするあまり、頭が残り、腰が右に流れるという欠点も指摘された。頭は右に動いてよい。こういった基礎ができていないから、応用編の技術を高めようと思っても、うまくいかないのだろう。
 この夏は、基礎固めをしたい。

|

« インドレストラン マンダラ(東京・神保町、インド料理) | Main | 日高カントリー倶楽部 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ノーザンカントリークラブ 錦ヶ原ゴルフ場(埼玉県さいたま市):

« インドレストラン マンダラ(東京・神保町、インド料理) | Main | 日高カントリー倶楽部 »