« 浮間・朝練 | Main | インドレストラン マンダラ(東京・神保町、インド料理) »

バル デ エスパーニャ ムイ(東京・丸の内、スペインバル)

 dancyu2006年6月号の特集「居酒屋熱愛宣言」は、スペインバル、イタリアンバールの良い店も紹介している。
 この特集で紹介した店のうち、これまで行ったのはラ・フォルナーチェティオダンジョウバル カマロンエル セルド
 今回のバル デ エスパーニャ ムイ(千代田区丸の内2-7-3、東京ビルディング TOKIA 2F、03・5224・6161)で東京にある店はすべて行ったことになる。これだけ行くとスペインバル、イタリアンバールというものがなんとなく見えてくる。
 そんな厳しい?目でバル デ エスパーニャ ムイを見た。
 店の大きさはこれまで行ったところでは一番大きい。
 景色もいい。
080707bar_de_espana_muy001
 正面に、八重洲の「グラントウキョウサウスタワー」が見える。
080707bar_de_espana_muy006
 天井高は10m。開放的な空間だ。
 メニューも豊富。
 注文したのは・・・。
080707bar_de_espana_muy002
 ジャガイモ入りトルティージャ。
080707bar_de_espana_muy003
 ナスとフルーツトマトのテリーヌ。バジリコソースとともに。
080707bar_de_espana_muy004
 マッシュルームのアヒージョ。
080707bar_de_espana_muy007
 焼マンチェゴ。

 スペース、料理、景色は申し分ないのだが、唯一、物足りなかったのが顧客対応だ。
 二人で行ったのだが、たとえば生ハムの「ハモンイベリコデベジョータ」や、「イベリコハムの盛り合わせ」はともに3180円もする。バールならば、安くちょっとつまめる生ハムも用意してほしい。
 一番寂しかったのは、ソムリエがいなかったこと。お薦めのワインなどを尋ねても店のマニュアル通り答えている感じ。バルなのだから、お酒の話題で楽しませてくれるスタッフが必要ではないか。
 いくつか姉妹店があるようだが、スペインバルチェーンのような運営では、仏作って魂入れず、画竜点睛を欠く(われながら古いたとえだ・・・)のではないか。
 
 営業時間は月~金 11:30~14:30(LO14:00)、17:30~23:00(LO22:30)
 木、金 17:30~24:00(L.O23:00)
 土 11:30~16:00(LO15:30)、17:30~23:00(LO22:30)
 日 11:30~16:00(LO15:30)、17:30~22:00(21:30)

|

« 浮間・朝練 | Main | インドレストラン マンダラ(東京・神保町、インド料理) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バル デ エスパーニャ ムイ(東京・丸の内、スペインバル):

« 浮間・朝練 | Main | インドレストラン マンダラ(東京・神保町、インド料理) »