« シングルに学ぶゴルフ練習法(1) | Main | ゴルフ練習の賞味期限 »

シングルに学ぶゴルフ練習法(2)

 昨日はスイングの基本を練習。
 今日は、実戦のシミュレーションをした。
 『達人シングルが語るゴルフ上達の奥義』によると、達人シングルたちはゴルフ練習場では、あえて左端、あるいは右端の打席に陣取ることが多いと言う。
 ふつうはネットが邪魔な右端、左端は敬遠するものだが、さすが達人たちは違う。実戦ではまっすぐでなく対角線に打つことが多いからだ。
 
Golfrenshu090111
 ファーストゴルフには達人はいないのだろう。8時過ぎにいって打席はほぼ埋まっていたが、一番右端の「1番打席」は空いていた。
Golfrenshu090111_02
 一番右端は鏡もあり、膝が左右に動かないかなど、フォームもチェックできる。不人気なのが不思議だ。
Golfrenshu090111_03
 60ヤード、100ヤード、120ヤードのグリーンがある。30ヤード先にはアプローチの目印の旗も立っている。順番にそれぞれの目標に向かって打った。

 確かにラウンドしていて、フェアウエーど真ん中から打つことは本当に少ない(涙)。ほとんどがラフ、たまに林の中だ。意図的に右端の打席を選んで、そんなシーンを思い出しながら打っていると、本当にラウンドしているような気持ちになってきた。
 
 昨日、基本練習をしたためか、球筋はよかった。3カゴ(1カゴ35個、650円)打った。

 基本の基本の練習と実戦練習の2本柱で、今年は練習をみっちりして、実戦に臨みたい。
 
 『達人シングルが語るゴルフ上達の奥義』は、ラウンドではカートに乗らずに歩き、普段も山歩きなどで足腰を鍛えるとこを勧めている。
 足腰の強化は、まさに、今年、力を入れようと思っていたことだ。
 
 年をとったせいか、仕事は以前よりデスクワークが多い。長時間座っているから、練習もしないでゴルフ場に行くと、体が温まって、運動神経が蘇るまで、相当時間がかかる。
 さらに、カートに乗るのでちっとも運動にならない。前の組が詰まっていたりして、待つことも多い。1日ゴルフ場にいて、実は運動するのは一瞬かもしれない。こんなゴルフをしていてはだめだ。
 
 ゴルフは心・技・体のバランスを鍛えるスポーツ。技を磨き、体力をつけ、初めて動じない精神状態になれる。
 体力も気力も、技術もない、昨年最後のラウンドみたいなゴルフはもうしたくない。
 今年は、ラウンド前の練習からラウンド後の練習までセットで「ゴルフ」に取り組んでみたい。

|

« シングルに学ぶゴルフ練習法(1) | Main | ゴルフ練習の賞味期限 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シングルに学ぶゴルフ練習法(2):

« シングルに学ぶゴルフ練習法(1) | Main | ゴルフ練習の賞味期限 »