« 太平洋クラブ相模コース | Main | 桜満開!霞ヶ関 »

高速道路が「低速道路」になる。

 地方圏の高速道路で28日、土日祝日の上限1000円での乗り放題がスタートした。テレビ、新聞もおおむね、好意的な報道が多い。
 
 なぜ1000円で乗り放題のような政策に批判が出ないのだろうか。
 定額給付金と構造はまったく変わらない、経済的・社会的改革を伴わない「ばらまき」に過ぎないのに。
 
 29日は混雑を心配しながら16時にゴルフ場を出て、秦野中井ICから東名高速に乗ったが、やはり、すでに大渋滞。
Tomei090329jutai
 結局東名をおりるまで2時間もかかった。
 この日の渋滞は乗り放題の影響ではないのかもしれない。
 でも、ニュースによると、交通量は増えている。
 渋滞は、交通量が多いと、ほんの10数%増えても起きる。
 交通量は増えたが分散して、渋滞はかえって減っているというニュースもあった。真相が分からない。 
 まだ、渋滞の悪影響が出ているという報道はないが、休日の夕方はどの高速道路もすでに混雑しているので、この状態を悪化させることが確実な政策は疑問だ。
 
 始まったばかりの1000円乗り放題だから、長距離を走ろうとする消費者が少ないが、これから、だんだん、乗り放題を利用しようと、クルマでの旅行を計画する消費者が増えてくるとゴールデンウイーク並みの渋滞は必至だ。
 
 クルマは排気ガスも撒き散らす。自分が乗っていて、何だと批判されそうだが、クルマの交通量を劇的に増やす政策は反エコロジーだ。
 高速道路は高速で走れるから意味がある。お金を払ってでも高速を利用しなければならない人までが、今後、大渋滞の「拘束」道路を走らなければならなくなると、マイナスは大きいのではないか。

 などと批判しながらも、深夜、早朝に渋滞を避けて走り、東北あたりの温泉に行こうかなどとも考えている。
 定額給付金と同じで、「社会的には批判」でも「個人的にはOK」なのだ。

 マスコミも民間企業。消費者が喜ぶことを先頭に立っては批判できないようだ。

 それにしても不思議な社会になったものだ。

|

« 太平洋クラブ相模コース | Main | 桜満開!霞ヶ関 »

Comments

高速道路はヨーロッパではドイツのように無料の国(税金でまかなう・トラックは有料)、チェコのように1年間の高速利用シールをフロントガラスに張り、それが利用代金になる国(おおむね年間1万円)、フランスのように利用するたびごと(日本同様)にわかれます。

「社会的には批判」でも「個人的にはOK」というのは、ほんとうにそうかもしれませんね。

Posted by: さいのめ | 2009.03.30 11:25 AM

すいすい走れるなら、どんな制度でもいいんですけれどね。

Posted by: フーテンの中 | 2009.03.31 12:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高速道路が「低速道路」になる。:

« 太平洋クラブ相模コース | Main | 桜満開!霞ヶ関 »