« UQ WiMAXの試験サービスを体験~まだ店やホテルではあまり使えない | Main | 宍戸ヒルズカントリークラブ・東コース(茨城県笠間市) »

奥多摩・浅間嶺(浅間尾根)

 今日、行くのは奥多摩・浅間尾根(せんげんおね)の浅間嶺(せんげんれい)。昨年10月以来の奥多摩だ。Mさんと行くのは今年、最初。今日はウォーミングアップを兼ねて、軽めの山歩きコースを選んでくれた。
Sengenrei090321_001
 JR中央線・新宿7:44発武蔵五日市8:48着。「ホリデー快速あきがわ1号」に乗る。
Sengenrei090321_002
 途中、拝島で奥多摩行きと切り離されるらしい。
Sengenrei090321_003
 前4両が武蔵五日市行きというので4号車に座っていたのだが、武蔵五日市行きは7~10号車。10号車が先頭だった。あわてて7号車に移る。

 武蔵五日市駅でMさんと待ち合わせ。西東京バス(数馬行き)で浅間尾根登山口へ。910円。pasmoで決済できる。

Sengenrei090321_004
 10時に山登り開始。
Sengenrei090321_005
 なだらかな道。枯れ葉と土がクッションになって、脚にやさしい。
Sengenrei090321_006
 浅間尾根。尾根伝いなのでなだらかな道が続く。これまでにない楽な山歩き。
Sengenrei090321_007
 「サル石」。サルの手形のついた大きな石。手の形はよく探せばわかるよ!と書いてあるが、確証は得られなかった。その後、長い下りも続くなど、今日は「山登り」という感じがしない。
 Sengenrei090321_009
 11時50分過ぎに休憩所に着く。おなかがすいたので、昼食のおにぎりを食べる。
Sengenrei090321_010
 昨年10月に行った大岳山が見える。

 休憩所に浅間尾根を含むコースの説明があった。
 関東ふれあいの道・歴史の道
 このコースは、上川苔から浅間尾根へのぼり時坂峠をへて本宿に至る延長8.0Kmのものです。檜原村の中央を通り地形も比較的ゆるやかな浅間尾根道は、中甲州道とも呼ばれ古代から重要な交通路となっており、江戸時代頃は馬によって木炭等の生産物を運び出し、日用品等を運び入れる要路として、村人のほかに小河内や西原の人たちも利用していました。
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、関東ふれあいの道とは、別名首都圏自然歩道ともいい、東京都八王子市の高尾山麓、国道20号沿いの「梅の木平」を起終点に、関東地方の東京都、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県、神奈川県を1周する総延長1,655kmの自然歩道のことである。
 今回歩くのはその一部のようだ。

 12時15分に浅間嶺(903m)に向けて出発。
Sengenrei090321_011
 5分足らずで着いてしまった。
Sengenrei090321_012
 12時27分。このまま下りというのでは手ごたえ(脚ごたえ?)がないのでコースから外れるが松生(まつばえ)山に登った。きつい上り坂、これでないと。
Sengenrei090321_014
 933.7m。
Sengenrei090321_015
 景色もよく、なかなか良い山だった。山登りに来た、という実感。
Sengenrei090321_016
 13時15分、コースに戻る。
Sengenrei090321_017
 下りは岩も多く、脚に負担がかかる。痛くならないか不安になるが、今年はよく歩いているせいか、脚は痛まなかった。
Sengenrei090321_018
 林道をしばらく歩き、山道に入るところが時坂峠。峠と言う感じではない。
Sengenrei090321_019
 また、歩きやすい道になり、最後は舗装の林道。14時45分に払沢の滝入り口バス停に着いた。
 14時40分のバスが出たばかり。でも15時台は多く、15時6分・20分・52分がある。なぜかその後は17時7分まで便がない。茶屋のようなところでビールを飲んで15時6分のバスに乗って帰途についた。
 今日は天候も良く、気持ちがよかった。脚も痛くならず、良い運動になった。
 また、4月も何度か山へ行くつもりだ。

|

« UQ WiMAXの試験サービスを体験~まだ店やホテルではあまり使えない | Main | 宍戸ヒルズカントリークラブ・東コース(茨城県笠間市) »

Comments

スイスから帰ってきました。でもぼくのいたバーゼルという街は山があるわけではありません。日本の山はイイヨね。

Posted by: さいのめ | 2009.03.24 04:02 PM

スイスか。いいなあ。
いつも、何語しゃべっているんですか?

Posted by: フーテンの中 | 2009.03.28 11:33 AM

スイスはなんでもおいしく、おすすめです。基本的に仕事は英語です。通じないところは現地語をがんばる:)

Posted by: さいのめ | 2009.03.28 05:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 奥多摩・浅間嶺(浅間尾根):

« UQ WiMAXの試験サービスを体験~まだ店やホテルではあまり使えない | Main | 宍戸ヒルズカントリークラブ・東コース(茨城県笠間市) »