« 谷川岳その2 行くべきか戻るべきか | Main | みなかみ町の名物になるか!? ダムカレー »

谷川岳その3 快晴の山頂

Tanigawa090613_007_2
 天神平は標高1321m。天神峠は1500m。山頂のオキの耳が1977mだから、高低差だけを見ると、そんなに登るのは大変でないような気がする。ところが登ってみると岩や石がいっぱいの急な坂が多く、とても疲れる。
Tanigawa090613_008
Tanigawa090613_009
 花を愛でたりしながら、ゆっくり、ゆっくり登る(なんという花だろう。知識がないのはさびしい)。
Tanigawa090613_010
 今回は師匠のMさんもおらず、弱音も吐けず、登った。登山客はほかの山に比べては大変多く、それは救いになった。
Tanigawa090613_011
 急に展望が広がる場所がある。天狗の留まり場と呼ばれているところか。
 前回もこのあたりの展望はよかったのだが、その後、霧に包まれて周辺の景色はまったく見えなくなった。今回はどうだろうか。
Tanigawa090613_012
 だんだん頂上に近づいてきた。まだ晴れている。急がなければ、と思うが、息が切れて急げない。
Tanigawa090613_013
 これはなんという虫だろうか。何度も見たが、不思議なことにいつも岩を登っている(おりているところはみたことがない)。勝手に「登山虫」と名づける。
Tanigawa090613_014
 たまに雨が降ってきたりするので雨具を着たり脱いだり。しかし、すっかり晴れて、汗が噴き出る。
Tanigawa090613_015
 11時半。ザンゲ岩というところまで来た。もう少しだ。
Tanigawa090613_016
 あの雪の先が肩ノ小屋だと思う。もう少し、と思うと足取りが軽くなってきた。
Tanigawa090613_017
 雪を越え
Tanigawa090613_018
 11時45分、肩ノ小屋に到着。
 ここで休んでいるうちに天候悪くなってはいけないので、後で休憩することにして、頂上へ。
Tanigawa090613_019
 11時52分、トマの耳に到着。
Tanigawa090613_020
 はじめてきたときは、周りは何も見えなかったが、オキの耳に向かって左側は景色がよく見える。
Tanigawa090613_021
 すぐにオキの耳に向かう。
Tanigawa090613_022
 いい天気だ。オキの耳がよく見える。
Tanigawa090613_023
 余裕がでてきて、また花を愛でる。
Tanigawa090613_024
 12時12分、オキの耳に到着。
Tanigawa090613_025
 よかった。晴れていて、眺望がすばらしい。
Tanigawa090613_026
 降水確率50%、そして、登りはじめた時の雨。あやうくここまで来ることを諦めるところだった。
 そういえば、群馬にいたころは「晴れ男」だった。群馬ではまだ、晴れ男なのかもしれない。
 おにぎりを食べた。水がなくなった。肩ノ小屋へ戻り、水を補給しよう。
Tanigawa090613_027_2
 オキの耳から戻るときに見たトマの耳。急な断崖絶壁であることが改めて分かった。
Tanigawa090613_028
 戻る途中、さらに晴れてきたので、オキの耳を撮影。
Tanigawa090613_029
 肩ノ小屋はキーホルダーなどのお土産や、雨具、軍手などの必要な装備品などを販売してる。
Tanigawa090613_030
 肩ノ小屋でホットコーヒーを飲む。400円。
 このほか、紅茶400円、カップラーメン400円、おでん(7品)700円、ビール500円、ジュース300円、甘酒400円、ココア400円。朝、夕は定食も食べられる。


 13時10分ごろに下山開始。
Tanigawa090613_031_2
 途中、雨が降ってきた。いよいよかと思ったが、また、すぐ晴れた。
Tanigawa090613_032
 リフトの乗り場までおりてきた。14時25分。
Tanigawa090613_033
 結局、ずっと日差しはなくならず、最高の山歩きとなった。
Tanigawa090613_034
 前回のようにロープウェイ待ちの列もなく、すぐにロープウェイに乗れた。
 帰りは再び水上山荘に寄り、温泉に入って、疲れた脚をもみほぐした。左脚は痛まず、どちらかというと右膝が痛くなる寸前だった。
 水上山荘から始まり、水上山荘で終わる谷川岳登山。とてもリフレッシュできた。

|

« 谷川岳その2 行くべきか戻るべきか | Main | みなかみ町の名物になるか!? ダムカレー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 谷川岳その3 快晴の山頂:

« 谷川岳その2 行くべきか戻るべきか | Main | みなかみ町の名物になるか!? ダムカレー »