« 伊香保温泉・千明仁泉亭その3 | Main | 廣済堂埼玉ゴルフ倶楽部 »

ハングリータイガー(東京・虎ノ門、スパゲッティ)の大量生産の仕組み

 久しぶりにハングリータイガー(東京都港区虎ノ門1-12-5 第2土橋ビル1階、03・3591・7081)に行った。この店は虎ノ門あたりに多い大食いの店の一つ。大盛(150円増し)、中盛(100円増し)を頼むのが当たり前。今日も虎の門の腹ペコ虎でにぎわっていた。
 ダニエルの中盛(ハム、ベーコン、卵のオリジナルカルボナーラ風1000+100円)を頼んだ。
 カウンターで待っている間、観察をしていて、その大量生産の仕組みの一端が分かった。
Hungrytiger090625_01
 大きな中華鍋のような鍋で何人前も一度に作る。注文を間違えないのかと見ていると――。
Hungrytiger090625_02
 皿に少しずつ、各メニューのヒントとなる「部品」を置いておき、それを見て、出来上がったスパゲッティをどんどん入れていくのだ。これで大量生産・高回転が可能になっている。
Hungrytiger090625_03
 ダニエルの中盛。早く食べなければ(笑)少なくとも昼は、食事後、談笑などをしていられる雰囲気ではない。
Hungrytiger090625_04
 俳優の石田純一がテレビで「イタリアンが嫌いな女性はいない」と話していたが、この店は完全に男性がターゲット。並んでいるのは男性ばかり。異色の「男向きイタリアン」の店なのだ。
 営業時間は11:30~14:45、17:00~22:15。
 日曜・祝日定休。

|

« 伊香保温泉・千明仁泉亭その3 | Main | 廣済堂埼玉ゴルフ倶楽部 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハングリータイガー(東京・虎ノ門、スパゲッティ)の大量生産の仕組み:

« 伊香保温泉・千明仁泉亭その3 | Main | 廣済堂埼玉ゴルフ倶楽部 »