« 鳩ノ湯温泉 三鳩樓=三鳩楼(群馬県吾妻町) | Main | 陣馬山(じんばさん)その1 山頂まで »

浅間隠山(浅間隠温泉郷口)

 浅間隠山は2005年4月30日、二度上峠下登山口から登った。
 今回は浅間隠温泉郷口から登る。
 上毛新聞社の「群馬の山歩き130選」によると二度上コースのコースタイムは2時間30分。これに対して浅間隠温泉郷口のコースタイムは4時間30分。同書は「二度上コースの往復では時間的、体力的に不満である向きには、最適である」としている。
 ただ、山と渓谷社の「群馬県の山」(2005年3月1日初版第1刷)は、二度山峠のコースのみを紹介。「吾妻町の浅間隠温泉から登るコースは荒れているので一般向きではない」と書いている。
 登ってみて、「荒れている」という記述が何を指しているのか分からなかった。古くからの温泉のある側から4時間半くらいかけて登っておりる方が楽しいと思うし、事実そうだった。浅間温泉郷口からのルートがもっとポピュラーになるといいと思う。
Sankyuro090813_006
 三鳩樓を9時前に出たが、間違って国道をしばらく走ってしまい、浅間隠温泉郷の入り口まで戻ってきた。
Asamagakushi090814_001
 9:30に浅間温泉郷の入り口から、温川温泉・浅間隠山方面に向かう。ちゃんと表示があった。
Asamagakushi090814_002
 通行止めのようだが――。
Asamagakushi090814_003
 登山客はバーを手で開けて中に入る(入ったら閉める)。
Asamagakushi090814_004
 すれ違いのできない狭い道が続き(この点は一般向きではないのかもしれない)、9:45に登山口に到着。
 クルマが20台くらいとめられるスペースがある。しかし、ほかのクルマは1台しかとまっていなかった(帰りに乗っている人たちに会った。ヤマメ釣りに来たという。水が冷たかったとのこと)。
Asamagakushi090814_005
 9:50スタート。
Asamagakushi090814_006
 沢を4回ほど渡る。
Asamagakushi090814_007
 11:20、シャクナゲ尾根。
Asamagakushi090814_008_2
 笹が多くなってくる。
 この先で、動物が走り去るのを見た。鹿ではなかった。子熊だったら大変だ。怖い。鈴を持っていかなかったので、コップなどを鳴らしながら歩いた。
Asamagakushi090814_009
 熊に出合わずよかった。
 12:07、頂上に着く。今日はなぜかとても苦しかったが、頂上に立てば疲れはとれる。
 宿に用意してもらったおにぎりを食べる。
 途中、誰にも会わなかったが、頂上は人がいっぱい。浅間隠口から登る人はやはり少ない。
Asamagakushi090814_010
 浅間山。浅間隠山は360度の展望。すばらしい景色だ。
Asamagakushi090814_011
 榛名山、赤城山方向。
Asamagakushi090814_012
 12時50分下山開始。
Asamagakushi090814_013
 15時に駐車場に到着。すれ違いのできない道をおりる。

Asamagakushi090814_014
 下山後、温川温泉でゆっくり(入浴料500円)。下山したところに本物の温泉があるとうれしい。
 二度上コースだと、帰り道にあるのは、日帰り温泉施設ばかりだ。
 浅間隠山+浅間隠温泉。最高の組み合わせだ。

|

« 鳩ノ湯温泉 三鳩樓=三鳩楼(群馬県吾妻町) | Main | 陣馬山(じんばさん)その1 山頂まで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 浅間隠山(浅間隠温泉郷口):

« 鳩ノ湯温泉 三鳩樓=三鳩楼(群馬県吾妻町) | Main | 陣馬山(じんばさん)その1 山頂まで »